「工作部屋の片付けアイディア128+α」という本を製作しました。

現在の頒布状況は、以下の通りです。
・スイッチサイエンスさんでの通販完売
・電子書籍版 kindleストアにて販売中
頒布状況の詳細はこちら

2018年04月15日

【依頼】NTイベント10年史をまとめた同人誌を作ります。ご協力お願いします〜!

こんにちは。いつも楽しく参加させていただいている「ニコニコ技術部有志主催のイベント(通称:NTイベント)」が、今年の夏で10周年を迎えるようです。
せっかくのタイミングなので、その10年を同人誌として、まとめることにしました。


しかし、私一人では、分からないこと、足りない視点、資料も不足しているため、
ご協力、お願いします!
お礼
・完成した同人誌1冊、またはその電子データ(PDF) (両方でもOK)
 また、協力者として、書籍の中に名前を記載させていただきます(不要なら一言お願いします)。これだけしか用意できませんが、よかったらご協力お願いします><。

ご協力をお願いしたいこと
どちらか一つだけでも、ご協力いただけると嬉しいです!
・写真(過去のNTイベントの全体写真、雰囲気が分かる写真、特徴的な展示物写真など)
 →顔の写っている写真は、一律モザイクをかける予定です。
  撮影時に確認済みなどで、モザイクをかけないで欲しい場合は一言お願いします
  (すでに、そのように対応する写真もあります)
 →紙面構成上の都合で、トリミングを行う場合があります。
 →紙面の都合上、ご提供いただいても使えない場合も発生するかもしれません。
 →大きめ写真があればありがたいですが、あまり大きく使えないため、小さい写真でもOKです。
 →複数枚ある場合は、どこかの写真共有サイトに置いてもらっての共有だと助かりますが、臨機応変に対応させていただきます。
 →同人誌販売前に、ご確認していただける期間を設けます。問題あれば、対応させていただきます。

・「NTイベント10年史」本に期待することのご意見・ご感想(年表を見たい など)
 →必ず、対応できるわけではありませんが、ご意見・ご感想いただけると、それを参考に本の作成をさせていただきます! また、応援していますという励ましも、すごく嬉しいです(同人誌編集、結構大変な作業なのでw)


完成目標
2018年の秋〜冬ごろのイベントにて、販売することを目標とします(ちょっと無理かもしれないけれど。守れなかったらごめんなさい><)。
また通販(製本直送.comさん使用)、電子書籍(kindleのみ)も販売したいと考えています。
ページ数は80ページ以上になる予定です。


この本の目的
・NTイベント自体を知らない方への紹介や、過去のNTイベントを参考に今後、新しく立ち上げることがもしあったらその参考になるような本にしたいです。ニコニコ技術部は深圳見学会だけじゃなくてイベントの開催してる有志もいるよとも、伝えたいです。

作成中の展示
・3/25(日)に開催されたNT京都2018にて、試作品公開と意見募集(終了しました)
・1ヶ月限定で、web上で公開と意見募集→GW終了ごろまで
→ご協力いただける方への参考になりそうなので、そのまま完成間際まで置いておくことにしました。(2018/050/7追記)
 https://drive.google.com/file/d/1M134rQnW9XY1w0XpLkLLzvtfRmxolEfn/view?usp=sharing (雰囲気がわかるだけです。アイディアメモしかないページも多いです。)
・夏に開催のNT金沢にて、試作品公開と意見募集(予定。行けたら良いな。)
 →7/7(土)のみ、展示参加できることになりました。また、「研究してみたマッドネス in NT金沢2018」にも「NTイベント10年史を調べてみた」で参加してみることにしました。よろしくお願いします。(2018/04/30追記)



この企画にご賛同いただき、NTイベント10年史本へ協力しても良いよという方は、
下記の通り、twitterのリプライやダイレクトメール、メールなどで、連絡ください。
宛先 
>twitter ID @nod_Y または、タグ「 #NTイベント10年史リクエスト 」
>mail e0node★hotmail.com (★を@に換えて送信してください)




また、本をまとめる上での疑問点を、NTイベント主催者さんやスタッフ、参加者の方々にお聞きすることも多々あるかと思います。ご協力いただけると助かります。
以上、よろしくお願いします〜!

nod(YモードP) 22:23|PermalinkComments(0) NTイベント10年史本 

2018年03月31日

【子育て】ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合(2018年名古屋公演)に行ってきました。

 2018/1/28(日)に日本ガイシホールで開催された、ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合( https://www.sukusuku.com/event/wanwan2018/ )を、家族4人で見に行ってきました。非常に楽しくて、あっという間の1時間でした。
 ライブでは、生でかぞえてんぐさんが見れたり、けっさくくんの歌めっちゃうまい!と感じたり、オフロスキーのあのキャラがやっぱりよかったり、階段登り降りできないコッシーが抱っこされたり会場を走り回っている姿がめちゃくちゃ可愛かったり、せいやくんすごかったり、なおちゃんかわいかったり、ジャンジャンが面白かったり、ワンワンが超ふさふさだったりと、とにかく、本当に現実だったのかな?という1時間でした。
 出演者の中の、おとうさんといっしょのなおちゃんとせいやくんが今春で卒業とのことで、最後の放送を見て、急いでブログ記事書きましたw 調べてみたら、フックブックローミニもですね。うぅ。春の別れ、辛いです。しかたないとは思うのですが、今まで、番組を親子でとても楽しく拝見させていただきました。また、大変お世話になりました。ありがとうございました〜!

IMG_0355のコピー会場の写真撮影スペースで。
この小さいワンワン像が10体並んでいて、面白かったですwスタッフさんが写真を撮ってくれる親切仕様でしたので、家族みんなで写ることが出来て嬉しかったです。


さて、今回は、公演をより楽しめるよう、3つ、事前に準備をしていきましたので、
その記録です。


・[準備したことその1] 4歳のために、なおちゃんの衣装を作る
n1n2

以前から、テレビ録画していたライブで歌って踊る、なおちゃんがお気に入りで、あの服可愛い着たいなーと話していた4歳。今回、せっかくの機会だしと、子どもたちが夜寝ている間に、時間を作って製作してみました。制作期間:2週間。公演前日には、朝5時まで起きてたため、早起きしてきた夫に怒られました。しかも、夜中に2歳児が起きて母親がいないと泣いたりしたらしい。いつもそんなことないのに…。ごめんなさい。もっと早くから作り始めるべきでした。

なおちゃんの衣装は、こちらの写真を参考に作らせていただきました。↓
「おとうさんといっしょ」の なおちゃんから「すくコム」をご覧のみなさんにお手紙が届きました♪ | 子育てに役立つ情報満載【すくコム】 | NHKエデュケーショナル https://www.sukusuku.com/contents/158515
しかし、途中で気がつきましたが、ライブ版と衣装が違うみたいで。こちらの昨年の公演の動画を確認した方が良かったようです。ちなみに、なかなか見られない背中側もバッチリ写っています。まぁ、画質悪くて、詳細はわからないんですがw
【動画でチェック】これまでのステージをおさらいしよう!「ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合」耳より情報 Vol.4【イベント情報】 | 子育てに役立つ情報満載【すくコム】 | NHKエデュケーショナル https://www.sukusuku.com/contents/184488
当日の公演で実際の服を確認したところ、ベストは、いろんな模様をアップリケみたいに集めて作られていて、後ろ側に伸びているリボンは、その端の布をそのまま使用している感じでした。

ちなみに公演当日だけ着られれば良いという思い切りで、頑丈さが不要なところは両面テープで止めるだけなど、制作時間短縮に努めました。今回、ほぼ自分の工作部屋にあるものを使用したため、新たに購入した材料は420円。オレンジの布(キャン★ドゥで購入したはぎれ)2つと、レースのリボン(こちらもキャン★ドゥで購入したレース)2つ。ベストの縞模様は、どうするか、かなり悩みましたが、もともと持っていたアイロンプリントで対応しました。

スカートの作り方は、うさこの洋裁工房さんの「【おさいほう】自分サイズが作れるプリーツスカートの作り方」http://yousai.net/how_to/skirt/puri1を参考にさせていただきました。時間なくて、型紙なしで適当に、ですが。作り方が想像ついたので、かなりの時短になったと思います。

・[準備したことその2] 2歳のために、けっさくくんの衣装を作る
n3
フックブックローが好きな2歳のために、平積けっさくくんの衣装を作りました。いや、本当は、
まだ2歳だし、今回は作らなくてもいいかなと思っていたのですが、4歳児の衣装合わせを当日したところ、まだしゃべらない2歳児なのに「僕も特別な服着るの!」と言わんばかりに、洋服をしまってある引き出しから夏服を取り出してきたので、急遽作りました。事前に、作るならこれだなと、夫の古くなったTシャツを確保していたので、それを切り抜いて。首のところは、大きめに切り抜き、後から本人に合わせて結んで長さ調整。文字はプリンタ用のシール台紙を切り抜いて貼りました。止める紐をつける余裕もなかったので、左右を安全ピンで止めました。制作時間3分ほどでしたが、かなりそれっぽくなりましたし、本人も非常に気に入ったみたいで、ずっとニコニコしていたので、良かったです。ちなみに、ライブで確認したところ、エプロンの文字は、Bookではなく、Booksでした。


・[準備したことその3] 応援うちわを作る
tbDNr3fhPgMXxz3A

うちに、夏祭りなどでいただいた「うちわ」が大量にあったので、画用紙を貼り付けて、応援うちわを作ってみました。結構いい感じにできたかな。 4歳も大喜びの作業でした。けっさくくんの背景が星なのは、けっさくくんが星を眺めるのが好きという話が、フックブックローで結構あって、その話が好きなのでという、私のこだわりからでしたw 当日、他の方が作られたうちわを遠目から拝見していたところ、きらきら光るパーティーモールというのかな?を、うちわの周囲に貼り付けている方がいて、かっこよかったので、今度機会があったら真似したいなと思いましたw



次の日、4歳児は、幼稚園でお友だちに、この件について話をしたらしいです。
4歳児「だいすきなともだちにはね。うれしいことをはなすんだよ」
私「へー。それはいいね。昨日は、何があったって話したの?」
4歳児「なおちゃんのふくをきて、なおちゃんとかワンワンのいるところにいったのー」
私「そっかそっか」
やはり、なおちゃんの服を着られたのは、とても嬉しいことだったようです。よかったよかった。


これからは、徹夜はなるべくしないで済むよう、気をつけていきたいと思います。








nod(YモードP) 23:57|PermalinkComments(0) 妊娠・子育て 

2018年02月19日

【子育て】ScratchJr(スクラッチジュニア)の画像表示順について

最近、Eテレのwhy!?プログラミング http://www.nhk.or.jp/gijutsu/programming/を4歳児が気に入っていて、しかしひらがながようやく読めるようになって来たレベルなので、小学生向けのScratchは難しすぎたので、教えていただいた、低年齢版のScratchJrで時々遊ぶようになりました。しかし、どう遊べばいいのか、いまいち分からず、発展性がなかったので、大型本屋さんでこちらの本を購入して来ました。





子ども向けの箇所は全てひらがなという、大人には読みにくいけれど、うちの4歳児には優しい仕様。内容も、初めてのiPad使用を想定していて、「たっぷ」という用語の説明があったりと、基礎を積み上げるのに最適。導入は塗り絵から(本に塗り絵ページがある)という、プログラミング初心者の子どもでも楽しめる本になっています。

うちの4歳児は、基本操作はすでにかなり把握していたため、気になるところから進めようとしていたところ、P60の例題がとても気に入ったみたいで。「やりたい!やりたい!」というので、サポートしながら進め、完成!さぁ、動かしてみようとしてみたところ、問題発生・・・。
キャラクター(画像)の表示順が期待通りじゃなく、隠れてしまう・・・。

本を読み返しても、ScratchJrアプリの?ページを見ても分からず、軽くググっても分からない・・・。
仕方なく、ツイッターで誰か教えてくださいと、聞いてみました。


DWStOLRUQAEBWPz





そうしたら、返事が!!!!!!! 






おおおおおおお。解決しました!!!!!! ありがとうございました!!!
ScratchJrの表示順は、ステージ上で最後に動かしたキャラクターが最前面にくるようです(編集ではなく)。
キャラクターを長押しして、キャラクターを消すボタンが出た後にキャンセルするのでも最前面に来た感じでした!(この方法が、キャラクターの位置が変わらないため、良いかもしれない)

私と同じように、ハマる人がいるといけないと思い、ブログに記載してみました(しばらくして、私がまた悩むかもしれないしw)。
質問の回答と、ブログへのツイートの使用を快諾してくださった@abee2さん、@ichikawa_aikoさん、どうも、ありがとうございました!!!



おまけ (書籍すくすくプログラミング、凄く良いよ!というお話)
夕方に2歳児が、上記の4歳児の成果物で遊びだしたのですが、お姉ちゃんの顔と声が聞こえるし、食べ物は動くしで、物凄く大喜びでした。そして、4歳児は「こんど、(2歳児)くんのかおのしゃしんつかって、おなじものをつくってあげるね!」と得意顔でした。
しかし、2歳児はお姉ちゃんの顔写真を何かと触りたがるので、画像の重なり順がすぐ変わってしまい大変でした。その辺りは、ScratchJrだから仕方ないのかなーと。また、書籍すくすくプログラミングは導入部分に塗り絵ページがあるので1人1冊必要ですw 2歳児が成長してやりたがったら、また買わないとw

ScratchJrのプログラミング操作は凄く簡単で、私はC言語をかじったことあるため、さらに簡単に感じているのではと思うのですが、子どもが喜ぶプログラミングのお題を考えるというのは、C言語の経験とは完全に別物ですねってなってるところ。書籍すくすくプログラミング買って良かったー。お題が絶妙!
ScratchJrは、Scratchより低年齢向けということもあり、ランダム値を出すといったゲーム作りに使いたい操作が出来ないのですが、書籍すくすくプログラミングではその辺りを使わないゲームの作り方もあって。うちの4歳児は書籍を読み聞かせた時よりゲーム作れるよと言った時の食いつきが凄かったですw

もうひとつおまけ
子ども向け書籍は特に、誤記で子どもがハマることが多いので、事前に出版社の誤記ページを確認しておくと良いですよ。この書籍の正誤表のページはこちらの下の方にあります(この本は1箇所だけみたいですが)。>http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/B28200.html 


※2018/2/19追記
ScratchJrの英語表記
ScratchJr(スクラッチジュニア)の英語表記は、いわゆるキャメル記法と呼ばれる書き方で、ScratchとJrの間に空白は不要のようです。
@abee2さんとのツイッターのやり取りの中で教えていただいたのですが、私は全く意識せずに書いていました。教えていただき、ありがとうございましたー!この記事では、ツイッターでの記載を除く、全ての修正をしておきました(綴りのミス(tを入れ忘れてScrachと書いてた)も多発していた(><)ので、それもこっそり修正しておきましたw)。






nod(YモードP) 01:35|PermalinkComments(0) 妊娠・子育て 

2017年09月02日

【子育て】使ってよかった育児用品(3歳くらい〜4歳(幼稚園入園頃)くらい)

早いもので、2013年夏に生まれた子が、4歳になりましたので、役に立ったもの立たなかったものを紹介していきます。一年に一回書いている記事なので、4回目ですね。今回は、幼稚園入園編も兼ねているという感じ。

良かったもの
幼稚園児用お弁当本




うちの子が通う幼稚園は、給食があるのでお弁当は遠足と運動会の時しか必要ないのですが、普段の夕食に大変参考にさせていただいている本です。3歳になると、幼児食ということで、だいたい大人とおなじものが食べられるようになるのですが、味が濃いものを与えるのは心配だし、辛いと食べないし、何を作ってあげれば良いのか、悩むことも多くて。しかし、幼児食の本は、とにかく作るのに時間かかりそうなレシピが多くて。手間なく栄養あるものを食べさせたいなと本屋さんで悩んでいる時に、そばで子どもが手に取った本が、お弁当本。手早く簡単に作れて、栄養も彩りもいい感じ。また、時間無くても作りやすいよう、本の構成もよく考えられていて。本当にお世話になっています。

夜用パンツ装着式オムツ


昼間のオムツは取れたものの、夜はまだトイレに行けない3歳児。夜用の大きめのオムツも、きつくなってきたので、こちらの商品を使うことに。時々ずれて、パジャマのズボンが濡れていることもありますが、それほど多くなく。以前、寝る前にオムツを忘れてて、お漏らししちゃったと夜中に泣いておきたこともあるので、安心して夜寝られるのは、とても重要なことだと思います。また、24枚=24日分なので、買い出し回数が減り、お財布にも優しいです。ただ、唯一の欠点は、普段行くスーパーには置いてないこと。あまり行かないドラックストアや赤ちゃん用品店まで足を運ばないと手に入らないのが、少し不便です・・・。Amazonで買えばいいんですけど、ダンボールの処分めんどそうだしw

布用接着剤

幼稚園の持ち物作りに活用しました。と言っても、市販品でOKな幼稚園だったため、指定サイズの市販品が見当たらなかった給食袋のみ作成(のちに、幼稚園からの指定は無かったものの、必要にかられてポケットティッシュカバーも作成)。
ミシンがあれば不要ですが、非常に残念ながら持っていないので布用接着剤を使用して見ました。キルト生地でも、普通の布地でも、接着剤のみで作れちゃいます。公式サイトにいろいろなものの作り方が置いてありますし(素晴らしい!)、ググっても、先輩ママさんブロガーさんの使い方記事が見つかったりします。正直、大した量作る必要がないなら、布用接着剤を買ったほうが、ミシンを手にいれるより安いと思いますw ミシンを使う技術も必要ないですし。ワッペンを貼るのにも、活躍します。

お名前シール
うちの子が入園した幼稚園は、給食があるので、毎日スプーン、フォーク、箸、コップを洗って持たせるのですが、洗うと、それらに直接書いた油性ペンの文字が、簡単に消えてしまって、毎日書き直すはめに。
私が使っているお名前シールは、100均で購入したものですが、水に強いと書いてあるだけあって、何度か洗っても書き直し不要で使うことが出来ます。地味に便利です。

おふろでスタディシリーズ


お風呂に貼って、数などを覚える学習シート。お湯をかけると文字が出てくるという、消えるボールペンのフリクションを開発したパイロットインクさんの子ども向け商品。数字や文字に興味が出てきた三歳児に渡したところ、大喜びで、お湯につけて、読み、なぞり、グングン数字や文字を覚えていっています。A4サイズで、4枚入っています。
冬だと、壁に貼った状態でお湯をかけても、一瞬で読めなくなるため、お湯にドボンと浸けることになりますが、文字が読めるようになる仕掛けは、大人が見ていても楽しいですw
お風呂用学習シートは、他にもいくつか出ていますが、お湯に浸けると文字が出てくるのはパイロットインクさんのこの商品だけかなと思います。また、書き順が小さく書かれているので、数字を覚えたら、その書き順通りになぞるのも楽しそうでした。正しい書き順も覚えられるので、良かったと思います。こういうのは、初めが肝心ですし。他のお風呂用学習シートには、書き順まで付いているものは、意外と少ないです。
お風呂用とのことで、当然ですが水やお湯に強く、カビも生えなさそうです(取説によると貼りっぱなしだとカビが生えることがある模様)。壁への貼りつけ・取り外しも、子どもの力で出来るのもありがたいです(1歳半の弟も貼り付けたり外したりは上手にやっています)。時々、この絵はこれか?というツッコミを入れたくなることもありますが、なるべく子どもに身近な題材を選んである感じも、良さげです。100均にもお風呂用学習シートがありますが、そちらの絵は、もっとツッコミが入れたくなるので、要注意ですw
ちなみに、うちの導入順は「かず」→「ひらがな」→「カタカナ」でした。カタカナもマスターしたら、次は「ABC」にしようかなと思っています。もっと大きくなったら「九九」や「日本地図」「世界地図」もあるみたいなので、そちらも検討したいところ。
また、この商品の利点としては、お風呂に入りたがらない時に導入すると、数日間は自分から入りたがるようになるところですw 助かりますw しかし、唯一欠点を挙げるとしたら、うちの子の場合「全部のシートを読んでからじゃないと、お風呂から出ない!」ってなるので、お風呂の時間が妙に長くなることかなと思いますw 導入時に、何か工夫が必要だったかもしれませんwww
ちなみに、対象年齢は1歳半からですが、これは自力で貼ったりはがしたりが出来るようになる年齢ってことかなと思います。また、言葉が出てくるから、指差しで教えられるからかなと。目的の数字やひらがなを覚えていくのは、3歳ごろからかと思います。

シールブック


こういう本で、シールをあるべき位置に貼れるようになるのは、3~4歳かなぁと思います。幼稚園でもそういう授業があるみたいだし。実際、1歳の弟は貼って剥がしてが楽しいため、むちゃくちゃなことになっていますw しかし、3歳児は気に入りすぎて、これを全部貼らないと動かないって駄々をこねて大騒ぎになったこともあるため、使うタイミングは難しいです・・・orz

また、何か他にも思い出したら、追記しますね。
過去の記事も、思いついた時に追記していますので、よかったら、参考になさってください〜^^
【子育て】使ってよかった育児用品(2歳くらい〜3歳(幼稚園入園前)くらい) http://ymode.ldblog.jp/archives/50546757.html
【子育て】使ってよかった育児用品(1歳くらい(立ち上がる)〜2歳くらい) http://ymode.ldblog.jp/archives/50534853.html
【子育て】使ってよかった育児用品(誕生〜1歳くらい(立ち上がれるようになるまで)) http://ymode.ldblog.jp/archives/50521544.html

nod(YモードP) 23:39|PermalinkComments(0) 妊娠・子育て 

2017年07月15日

【子育て】おかあさんといっしょライブを観てきました

今日は、おかあさんといっしょ「ガラビコぷ〜がやってきた」という公演を、家族4人(夫、3歳児、1歳児、私)で観てきました。歌と体操のお兄さん・お姉さんが、TV放送とは別の方ということで、どうなんだろう?と行くまでは少々不安でしたが、すっごく良かったです!!!! また、機会見つけて行きたいと思ったくらい。



本当に良かったので、忘備録としてここに詳細を残しておきます。若干ネタバレありです。ご注意ください。迷っていたり、どうなんだろう?と思っているどなたかの参考になったらいいな。

出演者について
今回の公演は、歌のおにいさんが、ひなたおさむさん、歌のおねえさんが、西けいこさん、体操のお姉さんが、きよこさんでした。
歌のおにいさんのブログは発見できました。こちら>
ひなたおさむ『今日は【ガラピコぷ〜がやってきた】愛知県豊田市公演です!!!』
https://ameblo.jp/hinataosamu/entry-12292791665.html
ググると分かるのですが、ひなたおさむさんは、BSおかあさんといっしょのうたのおにいさんをされていた方みたいです。また、西けいこさんは、毎日流れる体操ソングのブンバ・ボーン!の「たまごがひとつ〜♪」のところの、女性の歌声の方でした(公演内でも紹介ありました!一緒に踊れて、貴重で嬉しかったですw) きよこお姉さんは、私の検索力では発見できませんでしたが、さきほどのひなたおさむさんのブログの過去の記事に紹介がありました^^>ひなたおさむ『NHK【ガラピコぷ〜がやってきた】コンサートの情報♪♪♪』⇒ https://ameblo.jp/hinataosamu/entry-12271818058.html
実際に観てきての感想は、おにいさんおねえさん3人とも、圧倒的歌唱力!!!!! すごい!!!!!ダンスも素敵!
ベテランって感じで、ものすごく良かったです。
また、他の公演では、違う歌や体操のおにいさんおねえさんが出演されているみたいです。
そちらも気になりますw
ガラピコぷ〜の3人も、いい感じでした。やはり、テレビで見ている子たちが、目の前にいるインパクト凄いですねw 個人的には、元々ムームー推しだったのですが、着ぐるみの目つきはちょっと・・・w と思いましたw チョロミーはTVと同じ印象で、ガラピコは、あの、みんなより少し歩きが遅い動きが、とてもいい感じでしたw 踊ると、ダンボーみたいなスカート部分?が揺れていて、少しドキッとしましたw

開場前について
物販の品物リストは、大ホールに入る手前のロビーの大きな看板一つに、貼り付けてあり。親子連れが入れ替わり立ち替わり、どれにしようか、悩んだりしていました。うちでは、一人一つだけだよ!と3歳児に話をしたところ、風車付きのスティックバルーン(860円)にしたいとのことでした。他には、キャラクター帽子とかハンドタオル、ぬいぐるみなどもありました。全体的に値段高めな気もしましたが、イベント価格ですね。また、うちは1時間前くらいに着きましたが、他に待ってる親子連れが結構いました。ロビーのベンチでお弁当を食べている親子もw

物販について
物販は、入場開始時間の12:30〜でした。チケットをもぎってもらって入場したら、すぐに壁際に販売スペースがある感じ。列形成もなく、買いたい親子連れが集まって、机の奥にいる係の方の手が空いた隙に声をかける感じでした。
また、閉演後にも販売していました。が、うちは事前に買って、大正解。開場までの待ち時間や公演中にも、子どもたちが遊んでいました。騒がず、遊んでくれるのは、親として大事w
綺麗な色の風車は、各キャラ毎に、ピンク・黄色・水色と選べる感じでした。子どもたち、回して遊ぶのに夢中でした。動くギミック大事!w また、振り回しても痛くない風船も素敵です。よく考えられていますね^^
物販、夫に何度か連れて行ってもらった、声優茅原実里さんのライブとは全然印象違いましたw 夫に連れて行ってもらった際は、売り切れが予想されるグッズ欲しさに5時間くらい物販のために並んでいたので、全然並ばずに済んで助かりましたwww ライブによって、文化って違いますね。当たり前ですがw

公演内容、子どもたちの反応について
ベテラン勢による公演っていう感じで、歌も踊りも、トークも、非常に素晴らしかったです。
子どもたちに、本物を観せてあげられたっていう、謎の感動をおぼえましたw
途中、ガラピコぷ〜の3人のコーナーもあって。ストーリーにツッコミを入れたくはなりましたが、面白かったです^^

子どもたちは、座席の椅子にそのまま座らせると、目の座席にさえぎられてあまり見えなさそうだったので、ほとんどの時間、膝に乗せて見せていましたw
うちの3歳児は、おにいさんおねえさんやガラピコたちの呼びかけに応えて、一緒に踊ったりジャンプしたりを楽しみました。40分過ぎると、座席にぺたりと座り込んでダラダラし始めて。集中力も持たなくて、疲れたようです。周りの子たちもそんな感じでw
うちの1歳児は、知ってる曲になると、目を見開いて、真剣に観ている感じでw 自宅で録画を見ていると、一緒に踊る曲もあったのですが(おしりフリフリなど)、微動だにせず、見ていましたw でも、さすがに1時間も集中力は持たず、お昼寝したいと駄々をこねたり、座席横通路のライトやパネルを触りに行ったりと、ウロウロもしていました^^;
帰宅の車の中では、1歳児は速攻寝て、3歳児はおやつをたくさん食べた後、車の中で寝ましたw
公演時間が昼食後という、昼寝時間だったため、まぁ、予想通りでした。しかし、地方公演のためか、元々午前の部は無いため、仕方ないですねー。難しいところです。
でも、3歳児は、公演日当日は帰宅してから寝る前まで、ことあるごとに「楽しかった」と感想を述べていたので、非常に印象に残った、楽しい思い出になったようです。


おまけ チケットの取り方
1. すくコム というNHKエデュケーショナルの、子育て情報満載のサイト内の「イベント情報」ページで、近場のイベント情報を探す。
https://www.sukusuku.com/contents/event_list
ちなみに、会員登録すると、イベント情報やこのサイトの更新情報がメールで届くようになります。
また、近所で開催されないなぁと思いがちなのですが、よく見ると、県内での開催自体が、そもそも年に数回あれば感謝感激レベル。以前、ワンワンわんだーらんど瀬戸公演の録画見てたら、瀬戸市って愛知県の北側なのですが、愛知県の南側の市町村から来た子がイベント会場のポストに投函したお手紙が入っていて、そのくらいの距離を移動する価値があるんだろうなぁと、驚きました。結局、今回うちは、高速道路を使用する距離だったのですが、その価値はあったと思います^^

2.チケット発売日の開始時間に、注文する
私は、開始時間10分後くらいに、慌ててチケットぴあやローソンチケットのサイトにアクセスしましたが、4人連続ではもう買えなくて。こんなこともあろうかと事前に登録していた、会場豊田市民文化会館のサイトから席指定して購入しました。会場のサイトからだと、どの席が良いのか選べるので、初めからそうすべきでした。結局、前から11番目の真ん中の右通路側から4席が取れました。かなり前の方で大満足でしたし、通路に面していると、出入りが楽なので、非常に良かったです^^
ちなみに、かかった金額は、一人 全指定席2,600円で送料:92円でしたので、4人全員で10,492円(税込)でした。私は、ネットで銀行振込して、郵送でチケットが送られて来たのを受け取りました。以上です。

今度は、この会場で、ワンワンわんだーらんどが開催されるみたいなので、行きたいところです。
しかし、ワンワンわんだーらんどは、今回の公演と違い、抽選みたいなので、当たるか分かりません。まだ詳細不明ですが、当たりますように〜。

nod(YモードP) 22:58|PermalinkComments(0) 妊娠・子育て 

2017年05月06日

【子育て】愛知牧場のバーベキューに行ってきました

image
友人と友人の子どもたちと一緒に、愛知牧場のバーベキューをして来ましたので、覚え書き。2017/5/6現在の内容です。
非常に楽しく、美味しかったです。

愛知牧場のバーベキューHPは、こちら→http://www.aiboku.com/bbq
事前電話予約制。空いていたら、当日でも受付可能らしいですが、今回は、GWだったので、電話予約しました。予約が遅かったので、昼食時は予約取れず、10:00〜11:45の予約に。しかし、空き具合が簡単にPDFで見られました。助かります。一緒に行く友人との相談にも便利でした。また、事前にセットメニューの注文が出来るのですが、当日気軽に追加も出来るとのことで、安心でした。

電話予約の際、混雑時期で駐車場が混み合うかもという話だったので、早めの9:00に待ち合わせ。土曜日だったため、駐車料金は500円でした。平日は駐車無料らしいです。雨が降りそうな天気予報だったためか、駐車場も余裕で空いていました。ちなみに、愛知牧場内の売店は、10:00から。
自販機の牛乳飲んだり、馬や牛を見てから、バーベキューへ。

GWなので、お菓子を含めて食材持ち込み不可のコースのみでしたが、飲み物は自由に持ち込めるそうで。食材、タレ、胡椒、お皿、割り箸、食材用トング2本、使い捨てプラスチックコップ、手袋(1枚)、炭、炭用トング1本、着火剤2個、キッチンバサミ(ロングウインナーが入っていたバラエティー(8,500円)だったからかな?)を受け取って、予約していた席へ。ちなみに、全席、安心の屋根付き。ありがたい。

タレは、みんなのお皿に入れていったら、足りなかったのですが、話をしに行ったら、スッと追加を出してくれました。追加料金無かったの、ありがたかったですw

炭への火つけは、夫がサクッとやってくれたので、助かりました。すごい。さすが。
子どもたちは、うちの子も含め、小1〜1歳半まで6人いたのですが、火がつくのを待てず、すぐそばの芝生で遊んでいました。友人が持参したボールを追いかけたり、その辺りにたくさんいたダンゴムシを捕まえたりと楽しそうでしたw

炭の準備が整い、焼けるタイミングになったら、近くにあった水道(液体石鹸付き)で、みんなで手を洗って、いざ、昼食。バーベキューらしく、美味しかったのですが、3歳児くらいだと、冷ますのが難しいので、熱い><。と大騒ぎでした。ウインナーとか、皮が冷めても、中が熱かったり。親が気をつけてあげねばです。また、子どもたちはある程度食べると満足して(集中力が切れて?)遊び出すので、早めに子どもたちが好きな具材を焼かねばです。友人曰く、バーベキュー慣れしている人だと、はじめに焼きそば (子どもたちの大好物)を焼き、子どもたちに配り、落ち着いたら美味しい肉を親中心で食べるそうですwww しかし、非常に美味しく、大満足でした。そして、追加注文する場所も、バーベキュー場内という非常に近い立地で、物凄く便利でした。すぐ対応してもらえましたし。ただ、うちの1歳児や3歳児は、バーベキューではひたすらソーセージばかり食べており、せっかくの肉を食べるには、まだ年齢的に早かったかなーと思うので、もう少し大きくなってからの方が、適切かもです。個人差ありますが、今日の友人たちの子どもたちを見た感じから考えると、5歳以降が良いかなー?

今回、初めて子連れでバーベキューしてみて、必要だと思ったものは、以下の通り。
・食材が焼けるまでの遊び道具(シャボン玉をたくさん出せるおもちゃを持ってきている子が別の机にいて、他の机の子どもたち含め、みんなのヒーローになっていましたw あれは、他の人に迷惑をかけにくいし、良いかもしれないw シャボン玉液があっという間に切れていましたがw 多めの持参が良さげ)
・追加注文の焼きそば(理由は上記記載。電話予約時に予約しても良いのかも)
・追加注文の枝豆(そのまま食べられるので、食材が焼けるまでや、焼けた食材を冷ましている間に子どもが食べる用として最適。大人用のビールのおつまみという事実は知りませんw 枝豆好きな子どもって、なぜだか多いよねw)
・子ども用の箸、フォーク(一部の食材は、つまようじ でもありかもしれない)
・たくさんのお茶(現地でも買えるので、持参は不要かもw)
・ウェットティッシュ、普通のティッシュ(手や口周りが汚れるので、必須w)

片付けは、指定された棚などに分別。網と炭は熱いので、そのままでOKという親切仕様。
とても、簡単に美味しくバーベキューを楽しんで来られました。

また、愛知牧場はバーベキュー以外にも、ポニーへの餌やりが出来たり、菜の花迷路でカップルがいちゃついてるのを横目に走り回って迷ったり、どうぶつ広場でウサギやヤギ、こぶた、モルモットなどなどを撫でられたり、美味しいジェラートを食べられたりと、しっかり小銭さえ用意しておけば、遊べる場所が多く、子どもたちが大はしゃぎでした。気づいたら、朝から7時間近くも滞在していて、親が先にヘトヘトになりましたw また、子どもたちと一緒に行きたいな〜と思いました。
image

↑どうぶつ広場にいたヤギ。カッコよかったw


↓こういうのがあると、便利かも。いや、やり過ぎかな?w







nod(YモードP) 21:08|PermalinkComments(0) 妊娠・子育て | オススメやお気に入り

2017年05月02日

【収納】FabCafeTokyoの収納方法を見せていただきました!

初めてFabCafeTokyoに行ってきた記事は一つ前のエントリーで書いたのですが、実は、収納方法についても、いろいろ写真撮らせていただいていました。私は、Twitterのみなさんにご協力いただいて、片付け本( 工作部屋の片付けアイディア128+α )を作るくらい工作道具・材料の収納に興味があるのですが、おしゃれで、多人数で使用することが前提のFabCafeTokyoさんの収納にも、ずっと興味があったのです。
無理言って、当日使っていなかった2Fのワークショップスペースも、鍵開けていただいちゃいました。スタッフの皆さま、本当にありがとうございました〜!

では、さっそく紹介を(画像をクリックすると、大きいサイズの写真が見れるようにしました)。

ちなみに、全体的に撮り忘れ多数です。特に、1Fは撮り忘れだらけですorz
image
奥の部屋のカッコいい1Fの本棚。私もこういう本棚憧れるのですが、自宅では、こんなに余裕ある冊数に絞れない><。
image
レーザーカッター前の工具掛け。有孔ボードに、灰色っぽいカッコいい色が塗ってあって、白いチョークでいろいろ書いてあります。
image
黒板塗料ではないそうなので、スッとは消えないのですが、指でもゴシゴシこすれば消えるとのことでした。チョークで書かれているので、とにかくオシャレでカッコいい印象を受けますし、配置替えしても書き換えられるので、真似したいテクニックです^^
image
全体図を撮り忘れたので分かりにくいのですが、レーザーカッターが置いてある台の下の部分。小さく切り分けられた材料が、綺麗に並べてあります。
image
よく見ると、タブ的な仕切りがあって、どの素材か、パッと分かるようになっています。この仕切りは、こちらのレーザーカッターで作られたそう。ピッタリサイズで、便利でカッコいい! FabCafeTokyoに、材料持たずに来たお客さんや、持って来てても、時間余ったしあと少し使いたいというお客さんなどのためだそう。店員さんとしては、この収納、左側の少し大きな材料は飛び出ることがあるとのことでしたが、今日は、いい感じに収まっていましたw

では、無理言って、開けていただいた2Fです。ワークショップ開催時に使われるスペースなのだそうです。店舗と同じ広さなので、広々していました。
image
この壁が、本当に素敵でした。以前、何かの写真で拝見して以来、ずっとずっと見に来たかった場所です。拝見できて、本当に嬉しい。
これ、実は有孔ボードじゃなくて、金網。いろいろなものが、S字フックでひっかけてあります。
image
種類別に分類されて、カゴに入れられたテープ類。これは、しまうのも簡単で、便利!そして、取り出しやすそう。
image
そして、ペンチなどの工具類。磁石が付いていて、ペタリと貼りつくタイプのもの。一覧性の良さが抜群ですが、しまうのも楽なのだそうです! また、金網の境目には、アイロンビーズやおはじき等がしまってある丸いケース。これも、裏に磁石がついているもの。前面が透明なので、中身が見やすくて、便利。特に、小さくてカラフルなものをしまっておくと、見た目にも可愛いですね。
image
ドライヤーなども、ひっかける収納。
image
ドライヤー本体に元々あったひっかける場所が活用されていました。私の自宅でも、ドライヤーは上手に収納出来ず、困っていたので、真似させていただこうかなぁと思います。
image
ヒートガンは、クルッと縛った電源ケーブルがS字フックにひっかけられていました。

image
金網の隣の棚。大きめな材料は、丸めて立てかけてありました。
image
足元には、革も、丸めてありました。
image
となりのツールボックスには、半田付けの道具がしまってありました。このスポンジ、私も持っています。必要充分なのに、場所を取らなくて便利です^^
image
金網前の机と椅子。ワークショップに便利な感じ。

image
金網とは反対側の刺繍ミシン周辺。
image
素材の一覧表。「ごわごわ」とか「ちくちく」とか、感覚的にも分かりやすく記載されていますw
image
輪ゴムやナットなど、すぐにどこか行ってしまう小さな材料は、小さな引き出しに。ラベルを貼って、何が入っているのか一目瞭然に。こういう工夫は、特に複数人で使う共有スペースならではですね。
image
オシャレな本棚とソファー。
image
このカッコいい本棚は、市販品という感じですね。今回対応してくださったスタッフさんも、詳細はご存じなかったようです。
image
いい感じのソファー。

image
部屋の奥。飾り棚に、いろいろしまってありました。
image
くみひも用の紐。リボンなど、長いものの収納は、巻きつけると便利ですよねーって、スタッフさんもおっしゃっていました。ですよねー。
IMG_8121
塗料などが並べてあったりも。たくさんの瓶が綺麗に並んでいました。同じサイズのものがたくさん並んでいると、かっこいいですね。
image
部屋の奥にあった、化学っぽいコーナー。白衣でのものづくりも時々されるそうです。作業着をトルソーに着せるというのも、魅せる収納としては、ありかもとか、思いました(場所に余裕がないと出来ませんがw)
image
机と椅子、こちらにもたくさん。大人数で作業出来そうです。
IMG_8128
先ほど紹介した刺繍ミシンを含む、窓側。たくさん光が入る大きな窓。外もよく見えました。Pepperさんは、お休み中でしたw
IMG_8129
コーヒーロースター。金色のところに目がw 同席してくださったスタッフさん曰く「すぐに、目をつけたがるんだからー!」笑わせていただきました確かにw でも、目を貼り付けるだけで、途端に可愛くなりますねw
IMG_8130
大きな紙が置いてあった壁(金網の仕切り)。
IMG_8131
よく見ると、フックでひっかけてあるだけでした。意外とお手軽。場所の移動も、気楽に出来そうです。
IMG_8133
いろいろしまってあった棚。
IMG_8132
右端に、透明の分厚いファイルに、紙やすりが入れてありました。この、よく見かける入手性の高いファイルに入れるだけで、サイズがバラバラになりやすい紙やすりが、まとまり、しかも、立てかけられるように。便利。ちなみに、紙やすりは、他の材料と触れると、その材料を痛めやすいけれど、それも解消できるとのこと。確かに!

以上です。本当に、素敵なスペースで、非常に楽しかった&参考になりました。写真、32枚も掲載しましたが、これでも撮り忘れ多数なのです><。ごめんなさい。
次回、機会があったら、ちゃんとしたカメラと照明を持って、また材料・工具の収納を撮影させていただきたいですw FabCafeTokyoさん、本当に、ありがとうございました〜!



nod(YモードP) 02:18|PermalinkComments(0) 片付け本 

【Fab体験】FabCafeTokyoに行ってきたよ

image
OPEN当時から、ずっと行きたかったFabCafeTokyoさんに行ってきました。
image
食事もドリンクも、凄く美味しかったです。サンドイッチは、他にも食べ歩きたかったので、ハーフサイズ。オシャレすぎてどう食べれば良いか悩みましたがw、美味しかったです。1人席でお願いしたら、周りみんなキーボード叩いてて、スマホしか持ってなかった自分は、軽装過ぎたなーって思いましたw
image
そして、せっかくなのでFabしてきました。普通のレーザーカッターは埋まっていたので、マカロンFabを。
特にデータ等持っていかなかったため、お店のiPadを借りまして。image

元々画力が無く、その場でフリーハンドで描いたので、残念な絵になりましたがw とりあえず、うちの3歳児が喜んでくれそうな絵柄にしました。最近、ひらがなが少し読めるようになったので、メッセージ付きで。
書き終えたら、スタッフさんが難しい設定は全部してくれて。
image
味はほうじ茶、ストロベリー、パッションフルーツ。どのイラストを、どれに描くかの指定も出来ました。日持ちは今日含めて3日間。
image
レーザーのアームが、すごい勢いで左右に動いて、1分半で描き終え。あっという間でした。早かったw
image
完成! 箱詰めも、お店の方がしてくださいました。

次の日、3歳児が幼稚園から帰ってきてから、オヤツとして出しました。
すごいすごいと、大喜びでした。マカロンを食べ慣れない3歳児には少し早い味だったようですが、私としては、どの味も、非常においしかったです。また、Fabしに行きたいなと思いました^^ 今度行く機会が作れたら、ちゃんと予約して、子どもと一緒に、好きな食べ物を持参してFabしたり、子どものネームタグなどを作れたらいいなー。

nod(YモードP) 02:16|PermalinkComments(0)

2017年03月11日

【忘備録】イベント出展時の持ち物リスト

先日、こちらのブログ >Ogaki Mini Maker Faire非公式出展マニュアル2016年度版 - karaage. [からあげ] http://karaage.hatenadiary.jp/entry/2017/02/24/073000 を拝見していて(面白くて参考になりました!)、やっぱり私も持ち物リストは作るべきだなーって思ったため、自分用の持ち物リストをここにメモしておくことにしました。ブログだと、探すの簡単なので、無くしにくいですし。私の場合は、一度作ったら何度も使いまわせそうですし。私以外の方でも、役に立ちそうなら、是非ご利用ください^^

作品関連
・作品本体
・作品紹介パネル
・机の上に敷く布(不燃性)
・作品の下に敷く注意事項、説明用紙など(パネルとは別にあると、真上から見た際、目にとまりやすい)
・作品を載せる棚など(作品がたくさんある場合、あると見やすくて素敵)

(電源を使う作品の場合)
・電源タップ
・電源ケーブル、USB給電ならUSBハブなど

(頒布する場合)
・値札
・お釣り
・頒布時のお買い物袋(あると親切。無くてもOK)
・チラシ(買わない人に渡したり)
・領収書(会社で買いたいという人が来た時用。私は必要になったこと無いw)

補修用など
・作品材料予備、作品作成用道具
・ハサミ
・ペン、油性マジック
・A4かB5の真っ白の紙数枚、付箋紙(メモや現地で手書き注意など書けて便利)
・マスキングテープやガムテープなど
・作品紹介パネル用の作品紹介用紙(場所が余ったり机の前に余裕があったら、貼っておくと目立って良いかも)

出展者、来場者としての持ち物
・出展パスとか(コミケやMTFだと必要みたいですね。イベントによります)
・名札(MFTやOMMFだと配られますが、ニコ技系イベントだと自分で用意が必要。あると、来場者や他の出展者に親切。首からかけたり、胸にとめたり。)
・名刺(配らないなら不要だけど)
・名刺入れ(あると圧倒的便利。手作りで可)
・お財布(小銭をたくさん用意しておくとより便利。たくさん買い物しそうなら、お金を降ろして準備。)
・お買い物袋(A4は余裕で入るサイズが良い。ポケットが多いと◎)
・クリアファイル(お買い物袋の中に入れておくと、もらったチラシなどを曲げないように持ち歩ける)
・昼食(会場による。OMMFは早めに買いに行けば、お弁当が現地調達可能)
・ペットボトルの飲み物(お茶など。カップやストローのものより、ペットボトルの方が倒しても問題無く便利。会場によっては現地調達可)
・お菓子(来場者が多くて忙しく昼食が取れない場合、カロリーメイトやブラックサンダー、小さい羊羹などがあると、隙を見て小腹を満たせる。会場によっては飲食禁止なので、要注意。)
・スリッパ(NT京都のみかなw)
・靴袋(NT京都のみかなw)


小さい子ども同伴対策
・大量のお菓子(展示時間によるけれど、長時間なら大量に用意しておくと良い。会場を汚しにくい(一口サイズで食べれて粉々になりにくく、ベタベタしてない)ものが良い。一歳のかっぱえびせんとかw)
・昼食(子どもの年齢と好みによって食べれるものが違うので、事前に準備しておいた方が良さげ)
・よだれかけ、タオル
・ハンカチ、ウエットティッシュ、ティッシュ、ゴミ袋(これらは、昼食時やおやつ時に使うため、同じ袋にあらかじめ入れておく方が良い)
・お菓子やパンの袋をパチンと止められるもの、輪ゴムなど(食べかけが発生した時にしまうため) 2017/4/2追記
・ペットボトルの麦茶(爽健美茶でも可)
・ペットボトル用のストロー(フタができるタイプを家でつけていく。子どもでもこぼしにくく、超便利。)
・子ども用おもちゃ(折り紙、塗り絵、スマホのゲームアプリ、ゲーム機など 子どもが飽きない工夫が必要。無理なら、会場内を一緒に回ると良さげ)
・会場周辺のお店情報(近場にお菓子など買えるお店があるなら、子どもが飽きてどうしようもなくなった時に連れ出すと落ち着く)
・オムツ、おしりふき、着替え(トイレトレーニング終わっていても、漏らすことあるのでお着替え一式と汚した時用の雑巾やゴミ袋、ウエットティッシュなど必要)
・授乳ケープ(私みたいに母乳育児中なら。ミルク育児なら、ミルク用品いろいろ。)
・上着(寒い時や昼寝した際に上に着せる)
・迷子札(イベントによるが、出展者の首からかける札などがあれば、迷子札として使うのもありかも。ちなみに、首にかけると首がしまる可能性あるので、肩にかけると少しだけ安心)
・上記子ども対策のものを全部入れる大きなカバン(ひとまとめにしておくと、そのカバンのみ持つことで、子ども対応が出来るので便利)

会場移動のための準備
(電車移動時)
・ICカード(suicaやmanacaとか)、切符(子連れで東海道新幹線移動なら、11号車付近で指定席取るのがオススメ 詳細はこちらのブログが参考になりました。感謝!>生後2ヶ月の赤ちゃん連れ新幹線。授乳ができる多目的室を使った結果 http://mama-hack.com/post-1048 多目的室も便利でしたが、周りの席が子連れだらけで、子どもが少しだけなら騒いでも大丈夫かもという心理的安心感もありました。)
(ベビーカーが必要なら)
・ベビーカー(荷物を掛けられる取っ手もつけておくと便利)
・ベビーカーで出入り出来るかの駅情報確認(Yahoo!時刻表アプリの駅情報で簡単に出来ました。感謝!)

(自家用車移動時)
・ガソリン(要満タン。途中で給油が必要なら、どこで給油出来るか調べておくと安心)
・ETCカード(高速道路使用時。出発前に、ETCカードをさすのを忘れると、ゲートが自動で開かずガッカリw)
・休憩場所の確認(子連れ時は特に。年齢や体質によっては、高速道路の全PA、SAにとまる勢いで休まないと、車酔いで吐きます。一般道でも、コンビニ休憩など挟みましょう)

こんな感じかなー? OMMF2016参加時、子連れで参加したら、自分の作品よりも、子どものお菓子の方が容量が大きくて、何しに来たんだろうという気持ちになりましたがwww
忘れていることなど、まだありそうなので、気づいたらこっそり追記しておきますw

nod(YモードP) 15:32|PermalinkComments(0) イベント(参加ログ) 

2017年03月05日

【オススメな片付け本】明和電機のアトリエ特集号

image
先日、ツイッターで見かけたwebショップに置いてあり、私が衝動買いした本の紹介です。
明和電機さんといえば、Make:イベントにも出展されていたこともある、魚をモチーフにしたナンセンス・マシーン「魚器シリーズ」やオタマトーン、自作楽器によるライブなど、メカ作りと音楽活動のいいとこ取りなアーティストだと思うのですが、そのアトリエが見られる!と、思わず衝動買いしてしまいました。(ていうか、この美しい作業スペースの表紙写真見たら、気がついた時には注文完了していたという感じですw)

この本、どうやら明和電機ファンクラブの会報のようなのですが、webショップから、この本一冊だけ買うことが出来ました。2013年の本らしいのですが、最後のページの活動情報が古いくらいで、内容は全く色あせていなくて。
明和電機さんのアトリエの紹介と、なぜアトリエにこだわるのかという明和電機誕生についてのお話。

非常に充実した紙面で、面白く、興味深い本でした。明和電機さんの作品は、等身大など大物も多い作風なのですが、それらが作りやすそうな工作機械と広々とした机、高い天井、実際に使い込んでいる棚や引き出し。また、アトリエをどうするか考えるためのスケッチや、過去の作品資料がぎっしりとしかし綺麗にファイリングされた本棚。スケッチの中には、アトリエを船や飛行機に見立てたものまで。

私が「工作部屋の片付けアイディア128+α」という本を自主制作した際、工作部屋は、工作部屋自体を作ることが趣味(または作品作りの一部)じゃないと、なかなか片付きにくいものなのではないか ということに気づいてしまったのですが、明和電機さんのこの本を読んで、ますますそう思うようになりました。明和電機さんのアトリエは、それ自体がもう、作品だと思いました。凄く使いやすそうですし。

工作部屋やアトリエをどうしようかなと考えている方には、オススメしたくなる素敵な本でした。私も、自分の工作部屋づくりの参考にさせていただこうと思っています。
購入は、こちらからです。 >
明和電機ジャーナル1号 特集:明和電機のアトリエ https://maywadenki.stores.jp/items/54b8a8793cd482c918001316

書籍代と送料が同じ値段なので、一瞬怯みましたが、東京に行く交通費を考えたら、信じられないくらい安いなーと思い直しましたw そもそも、イベントなどあっても、購入出来るか分からない本ですし。

明和電機さんのamazonで購入出来る作品はこちらから>










nod(YモードP) 01:12|PermalinkComments(0) 片付け本