2017年05月

2017年05月06日

【子育て】愛知牧場のバーベキューに行ってきました

image
友人と友人の子どもたちと一緒に、愛知牧場のバーベキューをして来ましたので、覚え書き。2017/5/6現在の内容です。
非常に楽しく、美味しかったです。

愛知牧場のバーベキューHPは、こちら→http://www.aiboku.com/bbq
事前電話予約制。空いていたら、当日でも受付可能らしいですが、今回は、GWだったので、電話予約しました。予約が遅かったので、昼食時は予約取れず、10:00〜11:45の予約に。しかし、空き具合が簡単にPDFで見られました。助かります。一緒に行く友人との相談にも便利でした。また、事前にセットメニューの注文が出来るのですが、当日気軽に追加も出来るとのことで、安心でした。

電話予約の際、混雑時期で駐車場が混み合うかもという話だったので、早めの9:00に待ち合わせ。土曜日だったため、駐車料金は500円でした。平日は駐車無料らしいです。雨が降りそうな天気予報だったためか、駐車場も余裕で空いていました。ちなみに、愛知牧場内の売店は、10:00から。
自販機の牛乳飲んだり、馬や牛を見てから、バーベキューへ。

GWなので、お菓子を含めて食材持ち込み不可のコースのみでしたが、飲み物は自由に持ち込めるそうで。食材、タレ、胡椒、お皿、割り箸、食材用トング2本、使い捨てプラスチックコップ、手袋(1枚)、炭、炭用トング1本、着火剤2個、キッチンバサミ(ロングウインナーが入っていたバラエティー(8,500円)だったからかな?)を受け取って、予約していた席へ。ちなみに、全席、安心の屋根付き。ありがたい。

タレは、みんなのお皿に入れていったら、足りなかったのですが、話をしに行ったら、スッと追加を出してくれました。追加料金無かったの、ありがたかったですw

炭への火つけは、夫がサクッとやってくれたので、助かりました。すごい。さすが。
子どもたちは、うちの子も含め、小1〜1歳半まで6人いたのですが、火がつくのを待てず、すぐそばの芝生で遊んでいました。友人が持参したボールを追いかけたり、その辺りにたくさんいたダンゴムシを捕まえたりと楽しそうでしたw

炭の準備が整い、焼けるタイミングになったら、近くにあった水道(液体石鹸付き)で、みんなで手を洗って、いざ、昼食。バーベキューらしく、美味しかったのですが、3歳児くらいだと、冷ますのが難しいので、熱い><。と大騒ぎでした。ウインナーとか、皮が冷めても、中が熱かったり。親が気をつけてあげねばです。また、子どもたちはある程度食べると満足して(集中力が切れて?)遊び出すので、早めに子どもたちが好きな具材を焼かねばです。友人曰く、バーベキュー慣れしている人だと、はじめに焼きそば (子どもたちの大好物)を焼き、子どもたちに配り、落ち着いたら美味しい肉を親中心で食べるそうですwww しかし、非常に美味しく、大満足でした。そして、追加注文する場所も、バーベキュー場内という非常に近い立地で、物凄く便利でした。すぐ対応してもらえましたし。ただ、うちの1歳児や3歳児は、バーベキューではひたすらソーセージばかり食べており、せっかくの肉を食べるには、まだ年齢的に早かったかなーと思うので、もう少し大きくなってからの方が、適切かもです。個人差ありますが、今日の友人たちの子どもたちを見た感じから考えると、5歳以降が良いかなー?

今回、初めて子連れでバーベキューしてみて、必要だと思ったものは、以下の通り。
・食材が焼けるまでの遊び道具(シャボン玉をたくさん出せるおもちゃを持ってきている子が別の机にいて、他の机の子どもたち含め、みんなのヒーローになっていましたw あれは、他の人に迷惑をかけにくいし、良いかもしれないw シャボン玉液があっという間に切れていましたがw 多めの持参が良さげ)
・追加注文の焼きそば(理由は上記記載。電話予約時に予約しても良いのかも)
・追加注文の枝豆(そのまま食べられるので、食材が焼けるまでや、焼けた食材を冷ましている間に子どもが食べる用として最適。大人用のビールのおつまみという事実は知りませんw 枝豆好きな子どもって、なぜだか多いよねw)
・子ども用の箸、フォーク(一部の食材は、つまようじ でもありかもしれない)
・たくさんのお茶(現地でも買えるので、持参は不要かもw)
・ウェットティッシュ、普通のティッシュ(手や口周りが汚れるので、必須w)

片付けは、指定された棚などに分別。網と炭は熱いので、そのままでOKという親切仕様。
とても、簡単に美味しくバーベキューを楽しんで来られました。

また、愛知牧場はバーベキュー以外にも、ポニーへの餌やりが出来たり、菜の花迷路でカップルがいちゃついてるのを横目に走り回って迷ったり、どうぶつ広場でウサギやヤギ、こぶた、モルモットなどなどを撫でられたり、美味しいジェラートを食べられたりと、しっかり小銭さえ用意しておけば、遊べる場所が多く、子どもたちが大はしゃぎでした。気づいたら、朝から7時間近くも滞在していて、親が先にヘトヘトになりましたw また、子どもたちと一緒に行きたいな〜と思いました。
image

↑どうぶつ広場にいたヤギ。カッコよかったw


↓こういうのがあると、便利かも。いや、やり過ぎかな?w







nod(YモードP) at 21:08|PermalinkComments(0) 妊娠・子育て | オススメやお気に入り

2017年05月02日

【収納】FabCafeTokyoの収納方法を見せていただきました!

初めてFabCafeTokyoに行ってきた記事は一つ前のエントリーで書いたのですが、実は、収納方法についても、いろいろ写真撮らせていただいていました。私は、Twitterのみなさんにご協力いただいて、片付け本( 工作部屋の片付けアイディア128+α )を作るくらい工作道具・材料の収納に興味があるのですが、おしゃれで、多人数で使用することが前提のFabCafeTokyoさんの収納にも、ずっと興味があったのです。
無理言って、当日使っていなかった2Fのワークショップスペースも、鍵開けていただいちゃいました。スタッフの皆さま、本当にありがとうございました〜!

では、さっそく紹介を(画像をクリックすると、大きいサイズの写真が見れるようにしました)。

ちなみに、全体的に撮り忘れ多数です。特に、1Fは撮り忘れだらけですorz
image
奥の部屋のカッコいい1Fの本棚。私もこういう本棚憧れるのですが、自宅では、こんなに余裕ある冊数に絞れない><。
image
レーザーカッター前の工具掛け。有孔ボードに、灰色っぽいカッコいい色が塗ってあって、白いチョークでいろいろ書いてあります。
image
黒板塗料ではないそうなので、スッとは消えないのですが、指でもゴシゴシこすれば消えるとのことでした。チョークで書かれているので、とにかくオシャレでカッコいい印象を受けますし、配置替えしても書き換えられるので、真似したいテクニックです^^
image
全体図を撮り忘れたので分かりにくいのですが、レーザーカッターが置いてある台の下の部分。小さく切り分けられた材料が、綺麗に並べてあります。
image
よく見ると、タブ的な仕切りがあって、どの素材か、パッと分かるようになっています。この仕切りは、こちらのレーザーカッターで作られたそう。ピッタリサイズで、便利でカッコいい! FabCafeTokyoに、材料持たずに来たお客さんや、持って来てても、時間余ったしあと少し使いたいというお客さんなどのためだそう。店員さんとしては、この収納、左側の少し大きな材料は飛び出ることがあるとのことでしたが、今日は、いい感じに収まっていましたw

では、無理言って、開けていただいた2Fです。ワークショップ開催時に使われるスペースなのだそうです。店舗と同じ広さなので、広々していました。
image
この壁が、本当に素敵でした。以前、何かの写真で拝見して以来、ずっとずっと見に来たかった場所です。拝見できて、本当に嬉しい。
これ、実は有孔ボードじゃなくて、金網。いろいろなものが、S字フックでひっかけてあります。
image
種類別に分類されて、カゴに入れられたテープ類。これは、しまうのも簡単で、便利!そして、取り出しやすそう。
image
そして、ペンチなどの工具類。磁石が付いていて、ペタリと貼りつくタイプのもの。一覧性の良さが抜群ですが、しまうのも楽なのだそうです! また、金網の境目には、アイロンビーズやおはじき等がしまってある丸いケース。これも、裏に磁石がついているもの。前面が透明なので、中身が見やすくて、便利。特に、小さくてカラフルなものをしまっておくと、見た目にも可愛いですね。
image
ドライヤーなども、ひっかける収納。
image
ドライヤー本体に元々あったひっかける場所が活用されていました。私の自宅でも、ドライヤーは上手に収納出来ず、困っていたので、真似させていただこうかなぁと思います。
image
ヒートガンは、クルッと縛った電源ケーブルがS字フックにひっかけられていました。

image
金網の隣の棚。大きめな材料は、丸めて立てかけてありました。
image
足元には、革も、丸めてありました。
image
となりのツールボックスには、半田付けの道具がしまってありました。このスポンジ、私も持っています。必要充分なのに、場所を取らなくて便利です^^
image
金網前の机と椅子。ワークショップに便利な感じ。

image
金網とは反対側の刺繍ミシン周辺。
image
素材の一覧表。「ごわごわ」とか「ちくちく」とか、感覚的にも分かりやすく記載されていますw
image
輪ゴムやナットなど、すぐにどこか行ってしまう小さな材料は、小さな引き出しに。ラベルを貼って、何が入っているのか一目瞭然に。こういう工夫は、特に複数人で使う共有スペースならではですね。
image
オシャレな本棚とソファー。
image
このカッコいい本棚は、市販品という感じですね。今回対応してくださったスタッフさんも、詳細はご存じなかったようです。
image
いい感じのソファー。

image
部屋の奥。飾り棚に、いろいろしまってありました。
image
くみひも用の紐。リボンなど、長いものの収納は、巻きつけると便利ですよねーって、スタッフさんもおっしゃっていました。ですよねー。
IMG_8121
塗料などが並べてあったりも。たくさんの瓶が綺麗に並んでいました。同じサイズのものがたくさん並んでいると、かっこいいですね。
image
部屋の奥にあった、化学っぽいコーナー。白衣でのものづくりも時々されるそうです。作業着をトルソーに着せるというのも、魅せる収納としては、ありかもとか、思いました(場所に余裕がないと出来ませんがw)
image
机と椅子、こちらにもたくさん。大人数で作業出来そうです。
IMG_8128
先ほど紹介した刺繍ミシンを含む、窓側。たくさん光が入る大きな窓。外もよく見えました。Pepperさんは、お休み中でしたw
IMG_8129
コーヒーロースター。金色のところに目がw 同席してくださったスタッフさん曰く「すぐに、目をつけたがるんだからー!」笑わせていただきました確かにw でも、目を貼り付けるだけで、途端に可愛くなりますねw
IMG_8130
大きな紙が置いてあった壁(金網の仕切り)。
IMG_8131
よく見ると、フックでひっかけてあるだけでした。意外とお手軽。場所の移動も、気楽に出来そうです。
IMG_8133
いろいろしまってあった棚。
IMG_8132
右端に、透明の分厚いファイルに、紙やすりが入れてありました。この、よく見かける入手性の高いファイルに入れるだけで、サイズがバラバラになりやすい紙やすりが、まとまり、しかも、立てかけられるように。便利。ちなみに、紙やすりは、他の材料と触れると、その材料を痛めやすいけれど、それも解消できるとのこと。確かに!

以上です。本当に、素敵なスペースで、非常に楽しかった&参考になりました。写真、32枚も掲載しましたが、これでも撮り忘れ多数なのです><。ごめんなさい。
次回、機会があったら、ちゃんとしたカメラと照明を持って、また材料・工具の収納を撮影させていただきたいですw FabCafeTokyoさん、本当に、ありがとうございました〜!



nod(YモードP) at 02:18|PermalinkComments(0) 片付け本 

【Fab体験】FabCafeTokyoに行ってきたよ

image
OPEN当時から、ずっと行きたかったFabCafeTokyoさんに行ってきました。
image
食事もドリンクも、凄く美味しかったです。サンドイッチは、他にも食べ歩きたかったので、ハーフサイズ。オシャレすぎてどう食べれば良いか悩みましたがw、美味しかったです。1人席でお願いしたら、周りみんなキーボード叩いてて、スマホしか持ってなかった自分は、軽装過ぎたなーって思いましたw
image
そして、せっかくなのでFabしてきました。普通のレーザーカッターは埋まっていたので、マカロンFabを。
特にデータ等持っていかなかったため、お店のiPadを借りまして。image

元々画力が無く、その場でフリーハンドで描いたので、残念な絵になりましたがw とりあえず、うちの3歳児が喜んでくれそうな絵柄にしました。最近、ひらがなが少し読めるようになったので、メッセージ付きで。
書き終えたら、スタッフさんが難しい設定は全部してくれて。
image
味はほうじ茶、ストロベリー、パッションフルーツ。どのイラストを、どれに描くかの指定も出来ました。日持ちは今日含めて3日間。
image
レーザーのアームが、すごい勢いで左右に動いて、1分半で描き終え。あっという間でした。早かったw
image
完成! 箱詰めも、お店の方がしてくださいました。

次の日、3歳児が幼稚園から帰ってきてから、オヤツとして出しました。
すごいすごいと、大喜びでした。マカロンを食べ慣れない3歳児には少し早い味だったようですが、私としては、どの味も、非常においしかったです。また、Fabしに行きたいなと思いました^^ 今度行く機会が作れたら、ちゃんと予約して、子どもと一緒に、好きな食べ物を持参してFabしたり、子どものネームタグなどを作れたらいいなー。

nod(YモードP) at 02:16|PermalinkComments(0)