【家事】【料理】カンブリア宮殿(辻調編)で学んだこと【家事】【料理】書籍「残業ごはん」の材料別目次、作ってみた

2014年09月30日

【子育て】子育て前・中に知っておくと便利なサイトまとめ

子育て前や子育て中に知っておくと便利なサイトを、メモメモ。
他にも見つけたら、じわじわ増やしていくかも。

子どもが病気やケガした時
こどもの救急(ONLINE-QQ)
http://kodomo-qq.jp/
生後1ヶ月〜6歳までの気になる症状をチェックボックスで答えて行くことで、どうすれば良いのか分かるようになっているサイト。様子見していればいいのか、急いで病院に連れて行くべきなのか、判断に迷った時に便利。

小児救急電話相談事業(#8000)について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html
休日・夜間の急な子どもの病気で困った時に電話すると、看護師さんや小児科医さんにつながる電話。知っているだけで、何だか安心。つながりにくいとの噂もありますが、都道府県の電話先も記載されているので、そちらへトライするのもありかも。

月齢計算
日数計算(日付−日付)
http://keisan.casio.jp/exec/system/1177658154
赤ちゃんのうちは、書類に○ヶ月と書く機会があったり、「今、何ヶ月ですか?」と聞かれる機会があったり。ここで入力すると、すぐ分かって便利です。

子育て情報など
すくすく子育て
http://www.nhk.or.jp/sukusuku/
NHK Eテレの子育て中のパパママのお悩みを解決していく番組のHP。連ドラ録画して、余裕ある時や、見るテレビが無い時に、見てます。夫がいる時に流すと、夫の子育て意識を高めやすくw、子育て情報もゲットできて、便利ですw HPにも、簡単に情報載っているので、暇なときには便利。あ、NHK BSプレミアムでやっている「カリスmama」という番組もあるのですが、こちらは、紹介されているママさんたちのレベルが高すぎて、ついて行けないので見るのをやめましたw 無駄に自己嫌悪に陥ったり、ストレスをためることはないよねw【追記】2015年に番組終了していたようです。私はついていけなかったけれど、すごく頑張ってるママさんがたくさん紹介されていた良い番組でした。

まいにちスクスク
https://www.sukusuku.com/contents/theme/maisuku
上記のすくすく子育てをほぼ卒業したら(内容的に1~2歳くらいで不要になると思います)、こちらの番組が参考になります。こちらは、私は録画はしていませんが時々見ては、参考にしています。

「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみた 前編
https://katarue.com/2012/07/blog-post_9-9/
カタルエというサイトを運営されている専業主夫のムーチョさんの漫画。子育てをはじめる前や、子どもに振り回されたりして何だか辛いと思ったら、読むことをオススメしたい漫画。ドラクエ好きな私には、なるほどー!と分かりやすかったです。後編も必読! ドラキーって、本当に雑魚だよねw ドラクエやってない私の夫には、あんまりピンと来なかったようですがw 他の4コマ漫画や記事も面白くて、興味深いです。

【追記】2019/05/18リンク先修正しましたが、後編へのリンクアドレスも変わっているみたいなので、貼っておきます。>後編 https://katarue.com/2012/07/blog-post_4544/
漫画が描かれるきっかけになった記事>子育てがうまくいってない人は、未だに「自分の人生の主人公は自分」だと思っちゃってる人 https://katarue.com/2012/07/blog-pos-51/


指一本動かさずに妻の家事負担を減らす方法
http://papalabo.jp/2011/02/20/%e6%8c%87%e4%b8%80%e6%9c%ac%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%95%e3%81%9a%e3%81%ab%e5%a6%bb%e3%81%ae%e5%ae%b6%e4%ba%8b%e8%b2%a0%e6%8b%85%e3%82%92%e6%b8%9b%e3%82%89%e3%81%99%e6%96%b9%e6%b3%95/ 【追記】2019/05/18リンク先修正しました。

パパラボという、子育て中の共働きご夫婦ブログの記事の一つ。子育てが始まると、夫婦での家事分担って問題になると思います。良く話し合うことが何より重要だと思うのですが、この方法は知ってると良いかもです。うちでは、夫に読んでもらったら、「何でもいいよ」と言った後に、「あ、それだと意味ないんだよねごめん」と考え始めてくれたり、あやまってくれたりするようになりましたw

男性がなかなかできない妻への寄り添い方
http://papalabo.jp/2014/02/01/post-4784/ 【追記】2019/05/18リンク先修正しました。
同じく、パパラボさんの記事。私は妻側なので、自分だけ不自由でイライラする感じが分かりますw でも、そうだよね。夫にも不自由になってもらうのは、無理だよねとも思います。でも、自由に行動することでストレスを減らし、家事や仕事頑張ってくれてると思えば、そこまで腹が立たないこともありますw 他にも、こちらのブログのいろいろな記事には、お世話になりました。感謝。

nod(YモードP) at 19:37│Comments(0) 妊娠・子育て 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【家事】【料理】カンブリア宮殿(辻調編)で学んだこと【家事】【料理】書籍「残業ごはん」の材料別目次、作ってみた