2017年03月11日

【忘備録】イベント出展時の持ち物リスト

先日、こちらのブログ >Ogaki Mini Maker Faire非公式出展マニュアル2016年度版 - karaage. [からあげ] http://karaage.hatenadiary.jp/entry/2017/02/24/073000 を拝見していて(面白くて参考になりました!)、やっぱり私も持ち物リストは作るべきだなーって思ったため、自分用の持ち物リストをここにメモしておくことにしました。ブログだと、探すの簡単なので、無くしにくいですし。私の場合は、一度作ったら何度も使いまわせそうですし。私以外の方でも、役に立ちそうなら、是非ご利用ください^^

作品関連
・作品本体
・作品紹介パネル
・机の上に敷く布(不燃性)
・作品の下に敷く注意事項、説明用紙など(パネルとは別にあると、真上から見た際、目にとまりやすい)
・作品を載せる棚など(作品がたくさんある場合、あると見やすくて素敵)

(電源を使う作品の場合)
・電源タップ
・電源ケーブル、USB給電ならUSBハブなど

(頒布する場合)
・値札
・お釣り
・頒布時のお買い物袋(あると親切。無くてもOK)
・チラシ(買わない人に渡したり)
・領収書(会社で買いたいという人が来た時用。私は必要になったこと無いw)

補修用など
・作品材料予備、作品作成用道具
・ハサミ
・ペン、油性マジック
・A4かB5の真っ白の紙数枚、付箋紙(メモや現地で手書き注意など書けて便利)
・マスキングテープやガムテープなど
・作品紹介パネル用の作品紹介用紙(場所が余ったり机の前に余裕があったら、貼っておくと目立って良いかも)

出展者、来場者としての持ち物
・出展パスとか(コミケやMTFだと必要みたいですね。イベントによります)
・名札(MFTやOMMFだと配られますが、ニコ技系イベントだと自分で用意が必要。あると、来場者や他の出展者に親切。首からかけたり、胸にとめたり。)
・名刺(配らないなら不要だけど)
・名刺入れ(あると圧倒的便利。手作りで可)
・お財布(小銭をたくさん用意しておくとより便利。たくさん買い物しそうなら、お金を降ろして準備。)
・お買い物袋(A4は余裕で入るサイズが良い。ポケットが多いと◎)
・クリアファイル(お買い物袋の中に入れておくと、もらったチラシなどを曲げないように持ち歩ける)
・昼食(会場による。OMMFは早めに買いに行けば、お弁当が現地調達可能)
・ペットボトルの飲み物(お茶など。カップやストローのものより、ペットボトルの方が倒しても問題無く便利。会場によっては現地調達可)
・お菓子(来場者が多くて忙しく昼食が取れない場合、カロリーメイトやブラックサンダー、小さい羊羹などがあると、隙を見て小腹を満たせる。会場によっては飲食禁止なので、要注意。)
・スリッパ(NT京都のみかなw)
・靴袋(NT京都のみかなw)


小さい子ども同伴対策
・大量のお菓子(展示時間によるけれど、長時間なら大量に用意しておくと良い。会場を汚しにくい(一口サイズで食べれて粉々になりにくく、ベタベタしてない)ものが良い。一歳のかっぱえびせんとかw)
・昼食(子どもの年齢と好みによって食べれるものが違うので、事前に準備しておいた方が良さげ)
・よだれかけ、タオル
・ハンカチ、ウエットティッシュ、ティッシュ、ゴミ袋(これらは、昼食時やおやつ時に使うため、同じ袋にあらかじめ入れておく方が良い)
・お菓子やパンの袋をパチンと止められるもの、輪ゴムなど(食べかけが発生した時にしまうため) 2017/4/2追記
・ペットボトルの麦茶(爽健美茶でも可)
・ペットボトル用のストロー(フタができるタイプを家でつけていく。子どもでもこぼしにくく、超便利。)
・子ども用おもちゃ(折り紙、塗り絵、スマホのゲームアプリ、ゲーム機など 子どもが飽きない工夫が必要。無理なら、会場内を一緒に回ると良さげ)
・会場周辺のお店情報(近場にお菓子など買えるお店があるなら、子どもが飽きてどうしようもなくなった時に連れ出すと落ち着く)
・オムツ、おしりふき、着替え(トイレトレーニング終わっていても、漏らすことあるのでお着替え一式と汚した時用の雑巾やゴミ袋、ウエットティッシュなど必要)
・授乳ケープ(私みたいに母乳育児中なら。ミルク育児なら、ミルク用品いろいろ。)
・上着(寒い時や昼寝した際に上に着せる)
・迷子札(イベントによるが、出展者の首からかける札などがあれば、迷子札として使うのもありかも。ちなみに、首にかけると首がしまる可能性あるので、肩にかけると少しだけ安心)
・上記子ども対策のものを全部入れる大きなカバン(ひとまとめにしておくと、そのカバンのみ持つことで、子ども対応が出来るので便利)

会場移動のための準備
(電車移動時)
・ICカード(suicaやmanacaとか)、切符(子連れで東海道新幹線移動なら、11号車付近で指定席取るのがオススメ 詳細はこちらのブログが参考になりました。感謝!>生後2ヶ月の赤ちゃん連れ新幹線。授乳ができる多目的室を使った結果 http://mama-hack.com/post-1048 多目的室も便利でしたが、周りの席が子連れだらけで、子どもが少しだけなら騒いでも大丈夫かもという心理的安心感もありました。)
(ベビーカーが必要なら)
・ベビーカー(荷物を掛けられる取っ手もつけておくと便利)
・ベビーカーで出入り出来るかの駅情報確認(Yahoo!時刻表アプリの駅情報で簡単に出来ました。感謝!)

(自家用車移動時)
・ガソリン(要満タン。途中で給油が必要なら、どこで給油出来るか調べておくと安心)
・ETCカード(高速道路使用時。出発前に、ETCカードをさすのを忘れると、ゲートが自動で開かずガッカリw)
・休憩場所の確認(子連れ時は特に。年齢や体質によっては、高速道路の全PA、SAにとまる勢いで休まないと、車酔いで吐きます。一般道でも、コンビニ休憩など挟みましょう)

こんな感じかなー? OMMF2016参加時、子連れで参加したら、自分の作品よりも、子どものお菓子の方が容量が大きくて、何しに来たんだろうという気持ちになりましたがwww
忘れていることなど、まだありそうなので、気づいたらこっそり追記しておきますw

nod(YモードP) at 15:32│Comments(0) イベント(参加ログ) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字