オススメやお気に入り

2017年05月06日

【子育て】愛知牧場のバーベキューに行ってきました

image
友人と友人の子どもたちと一緒に、愛知牧場のバーベキューをして来ましたので、覚え書き。2017/5/6現在の内容です。
非常に楽しく、美味しかったです。

愛知牧場のバーベキューHPは、こちら→http://www.aiboku.com/bbq
事前電話予約制。空いていたら、当日でも受付可能らしいですが、今回は、GWだったので、電話予約しました。予約が遅かったので、昼食時は予約取れず、10:00〜11:45の予約に。しかし、空き具合が簡単にPDFで見られました。助かります。一緒に行く友人との相談にも便利でした。また、事前にセットメニューの注文が出来るのですが、当日気軽に追加も出来るとのことで、安心でした。

電話予約の際、混雑時期で駐車場が混み合うかもという話だったので、早めの9:00に待ち合わせ。土曜日だったため、駐車料金は500円でした。平日は駐車無料らしいです。雨が降りそうな天気予報だったためか、駐車場も余裕で空いていました。ちなみに、愛知牧場内の売店は、10:00から。
自販機の牛乳飲んだり、馬や牛を見てから、バーベキューへ。

GWなので、お菓子を含めて食材持ち込み不可のコースのみでしたが、飲み物は自由に持ち込めるそうで。食材、タレ、胡椒、お皿、割り箸、食材用トング2本、使い捨てプラスチックコップ、手袋(1枚)、炭、炭用トング1本、着火剤2個、キッチンバサミ(ロングウインナーが入っていたバラエティー(8,500円)だったからかな?)を受け取って、予約していた席へ。ちなみに、全席、安心の屋根付き。ありがたい。

タレは、みんなのお皿に入れていったら、足りなかったのですが、話をしに行ったら、スッと追加を出してくれました。追加料金無かったの、ありがたかったですw

炭への火つけは、夫がサクッとやってくれたので、助かりました。すごい。さすが。
子どもたちは、うちの子も含め、小1〜1歳半まで6人いたのですが、火がつくのを待てず、すぐそばの芝生で遊んでいました。友人が持参したボールを追いかけたり、その辺りにたくさんいたダンゴムシを捕まえたりと楽しそうでしたw

炭の準備が整い、焼けるタイミングになったら、近くにあった水道(液体石鹸付き)で、みんなで手を洗って、いざ、昼食。バーベキューらしく、美味しかったのですが、3歳児くらいだと、冷ますのが難しいので、熱い><。と大騒ぎでした。ウインナーとか、皮が冷めても、中が熱かったり。親が気をつけてあげねばです。また、子どもたちはある程度食べると満足して(集中力が切れて?)遊び出すので、早めに子どもたちが好きな具材を焼かねばです。友人曰く、バーベキュー慣れしている人だと、はじめに焼きそば (子どもたちの大好物)を焼き、子どもたちに配り、落ち着いたら美味しい肉を親中心で食べるそうですwww しかし、非常に美味しく、大満足でした。そして、追加注文する場所も、バーベキュー場内という非常に近い立地で、物凄く便利でした。すぐ対応してもらえましたし。ただ、うちの1歳児や3歳児は、バーベキューではひたすらソーセージばかり食べており、せっかくの肉を食べるには、まだ年齢的に早かったかなーと思うので、もう少し大きくなってからの方が、適切かもです。個人差ありますが、今日の友人たちの子どもたちを見た感じから考えると、5歳以降が良いかなー?

今回、初めて子連れでバーベキューしてみて、必要だと思ったものは、以下の通り。
・食材が焼けるまでの遊び道具(シャボン玉をたくさん出せるおもちゃを持ってきている子が別の机にいて、他の机の子どもたち含め、みんなのヒーローになっていましたw あれは、他の人に迷惑をかけにくいし、良いかもしれないw シャボン玉液があっという間に切れていましたがw 多めの持参が良さげ)
・追加注文の焼きそば(理由は上記記載。電話予約時に予約しても良いのかも)
・追加注文の枝豆(そのまま食べられるので、食材が焼けるまでや、焼けた食材を冷ましている間に子どもが食べる用として最適。大人用のビールのおつまみという事実は知りませんw 枝豆好きな子どもって、なぜだか多いよねw)
・子ども用の箸、フォーク(一部の食材は、つまようじ でもありかもしれない)
・たくさんのお茶(現地でも買えるので、持参は不要かもw)
・ウェットティッシュ、普通のティッシュ(手や口周りが汚れるので、必須w)

片付けは、指定された棚などに分別。網と炭は熱いので、そのままでOKという親切仕様。
とても、簡単に美味しくバーベキューを楽しんで来られました。

また、愛知牧場はバーベキュー以外にも、ポニーへの餌やりが出来たり、菜の花迷路でカップルがいちゃついてるのを横目に走り回って迷ったり、どうぶつ広場でウサギやヤギ、こぶた、モルモットなどなどを撫でられたり、美味しいジェラートを食べられたりと、しっかり小銭さえ用意しておけば、遊べる場所が多く、子どもたちが大はしゃぎでした。気づいたら、朝から7時間近くも滞在していて、親が先にヘトヘトになりましたw また、子どもたちと一緒に行きたいな〜と思いました。
image

↑どうぶつ広場にいたヤギ。カッコよかったw


↓こういうのがあると、便利かも。いや、やり過ぎかな?w







nod(Yモード) at 21:08|PermalinkComments(0)

2011年08月13日

【旅行ログ】岐阜県金華山ロープウェー

岐阜県金華山ロープウェーに行ってきました。
小学生の夏休みの日記風に書いてみることにしましょう。

---
今年のなつやすみは、金華山ナイトビューにつれていってもらいました。
CIMG5359


ロープウェーに乗るのは、ひさしぶりで、わくわくしました。
CIMG5350

お客さんがぎっしり乗っていましたが、ふわっとうごいて、おもしろかったです。
乗ってみたら、天井に、ダイソンのせんぷうきがありました!
CIMG5356

羽根がなく、あんぜんなダイソンのせんぷうきは、このような用途にさいてきだと思いました。
CIMG5354

天井にむりやりくくりつけてあったので、ダイソンは、こういう天井専用のせんぷうきを
発売してくれたらいいのにと、思いました。

ロープーウェーから降りて、整備された山みちを結構あるいたら、岐阜城がみえました(写真とりわすれちゃいました)
4階建ての、いかにも昭和じだいに作った建物でしたが、最上階からみた夜景は、とてもきれいでした。
CIMG5347

うまくうつっていませんが、カピパラのいる水族館のそばにある観覧車が、とてもきれいでした。


ふぅ。やっぱり、全然小学生らしくない日記になりましたwww
ダイソンの扇風機が使われていたことに、感動したのですよ!!!
教えてくれた上に、扇風機の写真ばっかり撮りまくってる私を、温かい目で見てくれていた
彼氏さんに感謝です〜w

nod(Yモード) at 09:39|PermalinkComments(0)

2011年06月12日

【メモ】【アニメ】まどマギMEMO

魔法少女まどか☆マギカ にはまったので、
簡易リンク集を作っておくなど。放映が終わると、サイトが探しにくくなるってあるしね。

公式サイト
http://www.madoka-magica.com/

ニコニコ動画チャンネル 2000円ちょっとで全話を好きな時に見られます(1ヶ月間)
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch260


nod(Yモード) at 16:13|PermalinkComments(0)

2011年05月09日

【宇宙開発】「キューブサット物語」で紹介された開発状況を時系列に並べてみた

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ
キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ
クチコミを見る



お茶の間宇宙開発「SOMESAT」の学生部のニコ生にて、紹介されていた
素敵なこの本を読んでみて、どんな時系列で話が進んでいるのか、
一覧で見てみたくなったので、まとめてみました。
読んだこと無い方は、是非読んでみてください。非常に面白いです!わくわくします!

また、先に下の本を読むことをオススメします。
キューブサット物語の前に開発された、空き缶衛星です。
メンバーも被っているので、読んでおくことで、上記本の内容の理解が早くなります。
上がれ! 空き缶衛星
上がれ! 空き缶衛星
クチコミを見る



では、キューブサット物語の時系列一覧を。
※このお話で紹介されているのは、主に東大 中須賀研の開発が主体です。
※私が簡易的にまとめたものなので、間違い・抜けなどあるかと思います。ご容赦下さい。


用語
BBM ブレッドボードモデル 試作モデル
EM エンジニアモデル 各種試験を全て行い、きちんと機能する完成品
FM フライトモデル   実際に打ち上げるもの

1999/09/11 「カンサット」をアメリカ・ネバダ州の砂漠で打ち上げ
1999/11 ハワイのカウアイ島にて、大学宇宙システム・シンポジウム(USSS)開催
     スタンフォード大学 ロバート・トィッグス教授がサイコロ型衛星「キューブサット」を提案
2000/04   新人加入
2000/08 「カンサット」打ち上げ
2000/11/06 サブ・システムごとに作ったパーツをそれぞれテストして、
        システムに組み込めるところまで完成させて持ち寄る 
2000/11   USSSにて、BBMのデモンストレーションを行い、大きな歓声を浴びる
        プロジェクトマネージャー、修士論文対応のため、交代
2001/02/13 CMOSカメラでカラー画像撮影成功
2001/03/01 2機目のBBM完成
2001/03/19 中須賀研内部のミッション検討会
2001/03/22 宇宙研に打ち合わせに行き、専門家たちから質問の集中砲火を浴びる
        都立航空高専へ行き、通信の知恵と経験を教わりに行く
2001/03/末 総務省から、気球実験の許可が下りる
2001/04   新人加入
2001/04/06 最終設計審査(CDR)を東工大と合同で実施 
2001/04/17 熱真空試験スタート(宇宙研の設備を借り、一週間に渡り24時間ぶっ続け試験)
2001/05/14 気球実験のため、三陸へ出発
2001/05/20 気球実験実施
2001/05/25−26 宇宙開発事業団のつくば宇宙センターにて、設計検討会実施。
       打ち上げ延期連絡入る。
2001/06/01 EM完成
2001/06/04 熱真空試験2回目スタート
2001/06/14-15 振動実験実施(宇宙研の設備を借りて)
2001/0721 一週間連続運転試験(が、消費電力が二倍になっていることが判明、一日で終了)
2001/07/23 シップメント、一か月遅れる連絡が来る
2001/08/07 打ち上げ会社へ訪問
2001/08/23 カルポリの学生・先生とミーティング、設備見学、意見交換
2001/08/25 「カンサット」3回目打ち上げ
2001/09/26 「星の想い」編集終了(一般人のメッセージをマイクロ・フィルムに焼いて宇宙へ)
2001/10/10 打ち上げ再々延期通知届く
2001/10/27 フライト用太陽電池の接着作業実施
2001/11/23-26 基盤モールディング(接着剤を塗り込み、素子を固めて動かないようにする)
2001/12/11 一週間連続運転試験  
2001/12/31 FM完成
2002/02/22 一週間連続運転試験
2002/03/09 「キューブサット」打ち上げ予定ないことが判明
2002/09/18 打ち上げ決定
2002/10/04 FMの太陽電池の振動試験実施
2002/10/末 打ち上げキャンセル通知
2002/10/11 ユーロコットという打ち上げ会社へ連絡
2002/12/08 ロシアにて、ロケットと衛星のインターフェース確認のためのミーティング開催
       →2002/06/30 打ち上げ決定
2002/12/08 ロシアにて、打ち上げに関する会議開催
2003/06/05 「キューブサット」がロシアへ向けて旅立つ
2003/06/13 ロシア テクニカル・センターにて、ビジュアル・インスペクション(目視による検証)
2003/06/14 分離機構に無事入り、動作チェック完了
2003/06/16 ロケット先端部分に搭載、作業完了
2003/06/30 「キューブサット」世界で始めて打ち上げ、成功を収める
2003/07/01 日本にてビーコン受信
2003/06/30 打ち上げ一周年お祝い会開催

打ち上げ先で、かなり揉めた模様。物凄い金額が動いていますし、
やはり、宇宙開発は大変なのですね。しかし、こちらの本読んで、本当にわくわくしました。
あまりの多くの困難に立ち向かっていった学生のみなさんに、感動しました。
そして、かなりのスピードで製作されていたことに、驚きを隠せません。
社会人が挑戦するとしたら、どうなるのだろう。
お茶の間宇宙開発「SOMESAT」を、私はこれからも応援していきます〜!

追記:
上記で紹介された本の内容が、WEB上に公式に上がっていましたw
http://www.unisec.jp/cubesatstory/index.html
読みやすさは、やっぱり縦書きの本の方が読みやすい気がしますが、
写真がカラーだったり、本になっていない記事などもあるようなので、
こちらも読んでみたいと思います!

追記2:
上記記事に、ニコ生で本を紹介してくださった@tunaさんが
コメントを下さったので、貼っておきます。なるほど〜!
2011/05/09 21:19:37
@nod_Y 仕事で作るわけでは無いので、1日24時間ずっと開発ということもできるのですよw だから数年で打ち上げまで持って行けます。CubeSatの売りが「早い、安い、軽い」なのがよくわかりますよね。なので、他のチームの開発期間も並べてみると面白いかもしれません。

2011/05/09 21:27:02
@t_una なるほど〜w 本を読んでいる限り、東工大の松永研究室も似たような開発速度だと思ったのですが、他所の情報も探してみますね〜。でも、これほどワクワクが伝わる形で紹介されるというのは、凄く運の良いことなのかなと思いました。SOMESATも、こういう形で残せたら素敵ですねw

2011/05/09 21:37:16
@nod_Y 松永研究室も中須賀研究室も開発期間は同じくらいですね。今までのCubeSatでイレギュラーなのは高専だと思います(同好会で開発)。期間だけでなくてどこまで自分たちでやっているか(はんだ付けは?組立は?等)も比べてみるとそれぞれ特色があって面白いですよ。


おまけ
2011/05/09 21:30:50
2010年の記事ですが、これは分かりやすいまとめ>日本のCubeSat衛星 http://www.jarl.or.jp/Japanese/7_Technical/cubesat/cubesat.htm



nod(Yモード) at 15:35|PermalinkComments(0)

2010年10月31日

【HP】HP移転しました。

主に、FLASH版あの楽器の公開データや、私用ブックマークサイトとして
利用している自サイトを移転しました。
新アドレス:http://ndesign.ifdef.jp/

今までisweb無料サーバにお世話になっていましたが、
サービス終了とのことで。今まで、ありがとうございました!
現在は、NINJAホームページ(こちらも無料)を使わせていただいています。
ありがとうございますー!


nod(Yモード) at 22:10|PermalinkComments(0)