イベント(参加ログ)

2017年03月11日

【忘備録】イベント出展時の持ち物リスト

先日、こちらのブログ >Ogaki Mini Maker Faire非公式出展マニュアル2016年度版 - karaage. [からあげ] http://karaage.hatenadiary.jp/entry/2017/02/24/073000 を拝見していて(面白くて参考になりました!)、やっぱり私も持ち物リストは作るべきだなーって思ったため、自分用の持ち物リストをここにメモしておくことにしました。ブログだと、探すの簡単なので、無くしにくいですし。私の場合は、一度作ったら何度も使いまわせそうですし。私以外の方でも、役に立ちそうなら、是非ご利用ください^^

作品関連
・作品本体
・作品紹介パネル
・机の上に敷く布(不燃性)
・作品の下に敷く注意事項、説明用紙など(パネルとは別にあると、真上から見た際、目にとまりやすい)
・作品を載せる棚など(作品がたくさんある場合、あると見やすくて素敵)

(電源を使う作品の場合)
・電源タップ
・電源ケーブル、USB給電ならUSBハブなど

(頒布する場合)
・値札
・お釣り
・頒布時のお買い物袋(あると親切。無くてもOK)
・チラシ(買わない人に渡したり)
・領収書(会社で買いたいという人が来た時用。私は必要になったこと無いw)

補修用など
・作品材料予備、作品作成用道具
・ハサミ
・ペン、油性マジック
・A4かB5の真っ白の紙数枚、付箋紙(メモや現地で手書き注意など書けて便利)
・マスキングテープやガムテープなど
・作品紹介パネル用の作品紹介用紙(場所が余ったり机の前に余裕があったら、貼っておくと目立って良いかも)

出展者、来場者としての持ち物
・出展パスとか(コミケやMTFだと必要みたいですね。イベントによります)
・名札(MFTやOMMFだと配られますが、ニコ技系イベントだと自分で用意が必要。あると、来場者や他の出展者に親切。首からかけたり、胸にとめたり。)
・名刺(配らないなら不要だけど)
・名刺入れ(あると圧倒的便利。手作りで可)
・お財布(小銭をたくさん用意しておくとより便利。たくさん買い物しそうなら、お金を降ろして準備。)
・お買い物袋(A4は余裕で入るサイズが良い。ポケットが多いと◎)
・クリアファイル(お買い物袋の中に入れておくと、もらったチラシなどを曲げないように持ち歩ける)
・昼食(会場による。OMMFは早めに買いに行けば、お弁当が現地調達可能)
・ペットボトルの飲み物(お茶など。カップやストローのものより、ペットボトルの方が倒しても問題無く便利。会場によっては現地調達可)
・お菓子(来場者が多くて忙しく昼食が取れない場合、カロリーメイトやブラックサンダー、小さい羊羹などがあると、隙を見て小腹を満たせる。会場によっては飲食禁止なので、要注意。)
・スリッパ(NT京都のみかなw)
・靴袋(NT京都のみかなw)


小さい子ども同伴対策
・大量のお菓子(展示時間によるけれど、長時間なら大量に用意しておくと良い。会場を汚しにくい(一口サイズで食べれて粉々になりにくく、ベタベタしてない)ものが良い。一歳のかっぱえびせんとかw)
・昼食(子どもの年齢と好みによって食べれるものが違うので、事前に準備しておいた方が良さげ)
・よだれかけ、タオル
・ハンカチ、ウエットティッシュ、ティッシュ、ゴミ袋(これらは、昼食時やおやつ時に使うため、同じ袋にあらかじめ入れておく方が良い)
・お菓子やパンの袋をパチンと止められるもの、輪ゴムなど(食べかけが発生した時にしまうため) 2017/4/2追記
・ペットボトルの麦茶(爽健美茶でも可)
・ペットボトル用のストロー(フタができるタイプを家でつけていく。子どもでもこぼしにくく、超便利。)
・子ども用おもちゃ(折り紙、塗り絵、スマホのゲームアプリ、ゲーム機など 子どもが飽きない工夫が必要。無理なら、会場内を一緒に回ると良さげ)
・会場周辺のお店情報(近場にお菓子など買えるお店があるなら、子どもが飽きてどうしようもなくなった時に連れ出すと落ち着く)
・オムツ、おしりふき、着替え(トイレトレーニング終わっていても、漏らすことあるのでお着替え一式と汚した時用の雑巾やゴミ袋、ウエットティッシュなど必要)
・授乳ケープ(私みたいに母乳育児中なら。ミルク育児なら、ミルク用品いろいろ。)
・上着(寒い時や昼寝した際に上に着せる)
・迷子札(イベントによるが、出展者の首からかける札などがあれば、迷子札として使うのもありかも。ちなみに、首にかけると首がしまる可能性あるので、肩にかけると少しだけ安心)
・上記子ども対策のものを全部入れる大きなカバン(ひとまとめにしておくと、そのカバンのみ持つことで、子ども対応が出来るので便利)

会場移動のための準備
(電車移動時)
・ICカード(suicaやmanacaとか)、切符(子連れで東海道新幹線移動なら、11号車付近で指定席取るのがオススメ 詳細はこちらのブログが参考になりました。感謝!>生後2ヶ月の赤ちゃん連れ新幹線。授乳ができる多目的室を使った結果 http://mama-hack.com/post-1048 多目的室も便利でしたが、周りの席が子連れだらけで、子どもが少しだけなら騒いでも大丈夫かもという心理的安心感もありました。)
(ベビーカーが必要なら)
・ベビーカー(荷物を掛けられる取っ手もつけておくと便利)
・ベビーカーで出入り出来るかの駅情報確認(Yahoo!時刻表アプリの駅情報で簡単に出来ました。感謝!)

(自家用車移動時)
・ガソリン(要満タン。途中で給油が必要なら、どこで給油出来るか調べておくと安心)
・ETCカード(高速道路使用時。出発前に、ETCカードをさすのを忘れると、ゲートが自動で開かずガッカリw)
・休憩場所の確認(子連れ時は特に。年齢や体質によっては、高速道路の全PA、SAにとまる勢いで休まないと、車酔いで吐きます。一般道でも、コンビニ休憩など挟みましょう)

こんな感じかなー? OMMF2016参加時、子連れで参加したら、自分の作品よりも、子どものお菓子の方が容量が大きくて、何しに来たんだろうという気持ちになりましたがwww
忘れていることなど、まだありそうなので、気づいたらこっそり追記しておきますw

nod(Yモード) at 15:32|PermalinkComments(0)

2017年02月19日

【けもフレ】東山動植物園にどのフレンズがいるのか調べてみました

最近、Twitterやニコニコ動画辺りで、「けものフレンズ」というアニメが流行っていて私もたっのしー!ってなっているのですが、尻Pが名古屋市の東山動植物園でオフしますよと呼びかけていらしたので、夫に無理言って家族みんなで参加してきました(感謝!)。
→ たっのしー!東山動物園オフ 2017/02/18 - Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1082388

せっかくなので、予習していこうと、6話までに登場してくるフレンズたちのうち、
どの子が東山動植物園にいるのか、調べてから行きました。
東山動物園には、けもフレ6話までに出てきたキャラ31種類(公式ツイッター画像で確認できるもの。声優さんがいるキャラ? カバンちゃん除く)のうち、14種類いるっぽいです。現在いなかったうちの2種類も過去には、いたみたいです。凄い。東山動物園にいる動物の種類の多さは、知っていたつもりですが、予想以上でした。けもフレのフレンズって、ちょっとマニアックに感じる子も多いのにw

せっかくなのでその時に調べた内容を表にしたのでgoogleドライブに置いておきます。
(追記:2017/2/25 第7話分追加、2017/3/10 第8,9話、(2017/5/2 →東山動植物園公式サイトリニューアル中だったので、項目のみ記載 第10〜12話、公式サイトけもフレ図鑑))
https://drive.google.com/open?id=1ArWMMUtaldPcLrpHpLL24LAQtS57FGDu-EvaxO8Dm1c
良かったら、ご参考にしてみてください。
また、他の動物園などで同様の内容を調べたい方がいらっしゃいましたら、
この表を自由に改変して使っていただいて構いません。フレンズの名前を打ち込む手間が省けますよw ぜひ、ご利用ください^^

また、誤記などありましたら、twitterID nod_Yまでお知らせください。
すぐには無理かもですが、対応させていただきます。

詳細は上のTogetterまとめを見ていただければ分かりますが、
東山動植物園オフ楽しかったです!
主催の尻P、参加者のみなさま、本当にありがとうございました〜!
image





nod(Yモード) at 00:24|PermalinkComments(0)

2016年03月13日

【イベント】名古屋初開催の「日本蒸奇博覧会」に遊びに行ってきました

2016年 3月12日(土)に、名古屋・吹上ホール 第一ファッション展示場にて開催された
「日本蒸奇博覧会」に遊びに行ってきましたので、ログとして残しておきます。
凄く楽しかったです!!!
スチームパンクって、やっぱりいいですね!
※各作者さんの詳細情報は、twitter内の@から飛んでみてくださいね。
作者さんによっては、web上でも作品が買えたりしますよ^^
































そういえば、見に行くきっかけになった、フリスクPの作品写真、撮り忘れていました。ごめんなさい><。実物が動いているのを見ることが出来て、いろいろお話も聞けて、楽しかったです。
おわびに、フリスクPのニコ動のマイリス貼っておきます。素敵動画、是非ご覧ください。
http://www.nicovideo.jp/mylist/7459883

全てのブースは時間が足りず回れなかったけれど、本当に楽しいイベントでした(写真の撮り忘れも多くありますごめんなさい)。
スチームパンクの衣装着ている出展者、来場者の方もいらして、本当に眼福でした。
お話してくださった出展者のみなさま、主催のみなさま、本当にありがとうございました。

また、車を運転して連れて行ってくれた夫と、付き合ってくれた子どもたちに感謝です。夫には、私が気づかなかった素敵ブースも教えてもらい、感謝感激でした。ありがとうでした。

世の中に、スチームパンクがもっと広まりますように^^ 私も、元々、スチームパンクなものを何か作りたいと思っていましたが、さらに作りたくなりました。



nod(Yモード) at 02:44|PermalinkComments(0)

2014年12月05日

【MFT2014】うちの1歳3ヶ月児とMFT2014に行ってきた【忘備録】

DSC_1876


記事が長いので、先に簡単に内容をまとめると、
・Make Faire Tokyo2014、1歳3ヶ月児でも楽しめてた気がした。でも、子ども向けブースのほとんどは、もっと大きい子が対象。
・東京ビックサイトは、子どもに優しい(トイレ綺麗でオムツ替えシート有、MFT会場の外にベンチ多し)。ベビーカーで来てる人も多かった。しかし、1日目には迷子アナウンスがあったらしい。
・子どもと一緒に行くと、親が見たいものは、やっぱりあまり見れない。少しだけでも見れれば感謝という心意気で行くのが大事w


では、本文を。
今回のMake Faire Tokyo2014、公式サイトには「子どもを連れて行くことはできますか?」というQUESTIONもあったくらい子どもウェルカムな雰囲気でした。うちの子は、まだ1歳3ヶ月なので、対象外な気もしましたが、私自身が夫とともに作品を出展していて、会場の雰囲気を知りたかったこともあり、新幹線に乗って、弾丸日帰り参加してきました。子連れでMaker Faire Tokyoに参加したいと思ってる方にとって、何か参考になるかもしれないですし、忘備録として書き残しておきます。

うちの1歳3ヶ月児のスペック
・自分で歩けるようになったのが嬉しいようで、歩きたがるが、親の制止は聞く耳をもたない。駄々こねて良く怒る。
・身長70cmちょい体重9kgちょっとなので、駄々こねた場合、力づくで持ち上げれば何とかなる。
・親の言うことは時々理解してる気もするけれど、まだしゃべれない。
・トイレトレーニングはまだしておらず、紙オムツ生活中。

子連れで一泊旅行をしたことがなかったため、1日目の展示は夫に全面的に任せて、家でお留守番。親の体力的に無理だと判断しました。高速道路を使用して自宅から通えた2日間のOMMF2014の時に、仲の良い知人たちから顔が死んでると言われたくらい私の疲労がすごかった経験もありましてw 年齢的には、1泊旅行は可能らしいのですが。

2日目、いつも通りに朝8時頃に起きて、抱っこ紐で名古屋から出発。あやすためのおもちゃやお菓子を必死に活用しながら新幹線もなんとか乗車でき(途中、うちの子を可愛がってくださった方が二人もいまして。ありがとうございました。私もそういう人になりたい)、品川乗り換えでパニクりながらも、会場到着(※品川乗り換え時、会場が東京ビックサイトの場合、「国際展示場正門」駅で降りられるようにしたほうが良いです。乗り換え検索時「乗車回数少ない」選択肢を選ぶべきでした。私が間違えてたどり着いた国際展示場駅からだと、少し歩く距離が長いです)。

2日目のお昼過ぎは、噂の入場列は無くすんなり入れたものの、中は大混雑。東京ビックサイト着いたら歩きたがった1歳児ですが、無理やり抱っこして、夫のブースに行き、お手伝いしてくださっていた夫の友人に挨拶したり、夫に1歳児を預けてしばし周りを見学したり、自分の作品を販売したり。隣で展示されていたakira_youさんの「察して欲しいマン」に話しかけられてギャン泣きしたのをあやしたりw

昼食は、1歳児がお昼寝(夫が抱っこ紐で抱っこしたまま寝かしてくれた)から起きた後、私と二人で、会場を出たところすぐのベンチで食べました。ちょうど、豆腐フェアも隣で開催中でしたが、ベンチの数が非常に多かったので、会場から離れたところまで行けば空いていました。のんびり昼食食べさせることが出来、助かりました〜。

その後、夫と交代しつつ(夫婦一緒にブースに立てたタイミングは、ほぼ無かったです。どちらかが、ブースから離れて1歳児の世話をしていましたw)、ジッとできない1歳児と一緒に会場を回りました。 抱っこしてほしいとせがむこともありましたが、歩きたがる時もあり。空を飛ぶ展示物は、立ち止まって見上げて、かなり楽しそうに見ていました。
IMG_0423日本経済新聞社 デジタル編成局さんの株価通知機能付きデンシバ人形のところでは、音声認識の場所に一生懸命喋りかけたり(まだ言葉が出ていないので、うー!あー!だけだったのですがw)。私としては、会社の会議室ではバッチリ動いたのに、会場に来たら(雑音がすごくて?)音声認識出来なくなったという話を聞けて、イベント初参加あるある!と盛り上がったり出来ました。現在、システム上、可愛いデンシバ人形は、特に必要ないそうなのでw、今後の進化に期待してます^^

IMG_0430また、今回初めて設けられたキッズスペースは、こんな感じでした(全体写真は撮り忘れたので、Make:日本語ブログさん(下のリンク)をご覧ください)。靴を脱いで座れるスペースがあり、小さなダンボール製のテーブルに、ペンや折り紙、ストローなどが置いてありました。どうやら、赤青メガネも配布していたみたいなので、赤と青のペンで立体的な絵を描いたり、ストローに折り紙を巻きつけて旗を作ったりできるようになっていたみたいです。スタッフさんも常時二人くらいいて、それらの工作が出来そうなお子様には、教えてあげていたようでした(うちの子は、親以外が来ると泣いたりする年齢のためなのか、スタッフさんは遠くからそっと見守ってくれていました)。うちの子は、ペンで殴り描きしたり、ストローを立ててあったペンたてに入れたり出したりするのに夢中でした。私が飽きてもまだ遊んでいましたしw
IMG_0433ベビーカー置き場もあって、休憩している親御さんや子どもたちもいました。ベビーカーや靴置き場には、解りやすいステッカーが貼ってあってデザインが可愛かったです。

また、写真撮り忘れてて申し訳ないのですが、光モノバンドさんの「光るわたあめ」も気に入っていたようでした。500円のワークショップでしたが「完成品ください」という私のひどいお願いも、すんなり受け入れてくださり、感謝でした。値段もそのままで。本当にありがとうございました。まだワークショップできる年齢ではないし、私が作るとその間に、どこか行ってしまいそうだったのでw わたあめの中のLEDがどんどん色が変わるのが綺麗で、ずっと持って歩いていました。わたは、歩いて持ち歩いていると、外れてしまい、その度に怒るので、適当なゴムで止めてみたら大丈夫になりました。

IMG_0441うちの1歳児に最もウケたのは、加藤良将さんの光ファイバーを使用した光の陶芸体験「Rokuro」の子どもでも遊べる「micRokuro」の方でした。展示場所が暗室だったのですが、もう帰るよと暗室から出るのを4回繰り返しましたw すごいお気に入りで。その前に買い与えていて手に持っていた「光るわたあめ」を、micRokuroに絡ませてしまうアクシデントもありましたがいったん電源を落として綺麗にわたを外してくださいました。ありがとうございました。すごくきれいでどんどん色が変わっていって、しかも1歳児でも触ってOKというのが良かったみたいです。私としては、暗室の他の展示も見たかったのですがw 同じ部屋で展示されていた綺麗な光るドレスの作者の岩崎さんには、久々にお会いしたし、もう少しおしゃべりしたかったですw でも、1歳児は楽しかったみたいですし、良い体験ができたんじゃないかと思います。

トイレは、会場内の女子トイレを使ってみたのですが、すごく綺麗で、オムツ替えシートがある個室もあって良かったです(トイレ自体は小さかったけれど、展示時間終了後に使ったためか、空いていました)。小さい子ども用便器もあって、うちの子はまだ使わないけれど、便利そうでした。

反省点としては、オライリーさんのガチャをうちの子と回っている時にやったことです。その場で喜んでいたのですが、この間の土日にイオンにお買い物に行った時にガチャを見つけて、回そうとしたりして、しばらく離れてくれず、悪いことを教えちゃったなーって。反省していますw 一人で行動している時にガチャは回すべきだったw でも、可愛い缶バッジが手に入って良かったです。

また1日目は、会場内で迷子アナウンスがあったそうです。実際、うちのブースのお手伝いに来てくれていた夫の友人のお子さん(7歳)も迷子になりかけたとか。自力でブースまで戻ってこられたそうですが、それより小さいお子様だと、戻ってこられなさそうですね。うちの1歳児は、迷子札がわりに、ブース番号を書いた出展者パスを肩からかけさせていました。特に使うことなく帰ることが出来、ホッとしましたが。

他の方の子どもと行きましたブログも紹介しますね。参考になります〜。他にもあったら教えてください。追加します。
【1歳】>親子で楽しむMaker Faire Tokyo 2014 | SWITCHSCIENCE MAGAZINE!
http://mag.switch-science.com/2014/11/24/mft2014_for_family/

【8歳】>MakerFaireTokyo2014。自分が楽しい父親が行き渋る8歳女子を連れて行った感想 | 東京ノマド営業所
http://kenji904.com/2014/11/24/mft2014/

【公式ブログ】
子どもたちもたくさん来場! キッズ・教育カテゴリーブース、KIDSスペースも大盛況[MFT2014レポート] | Make: Japan
http://makezine.jp/blog/2014/11/mft2014_kids

MFT2014は、子ども連れでも楽しめるイベントでした(子どもに振り回されて疲れたけどw)。来年は、どこで開催されるのでしょうか。もっと広い会場になって、混雑が減ったらいいなーと思うのですが、難しいでしょうか。でも、スタッフのみなさま、会場でお会いできたみなさま、本当にありがとうございました〜!

nod(Yモード) at 21:30|PermalinkComments(0)

2014年11月25日

【Make:】【片付け本】MFT2014に参加してきました。

8877f7f7

2014/11/23-24に開催されたMFT2014に参加してきました(上記写真は早坂さん撮影)。
「工作部屋の片付けアイディア128+α」ご覧になってくださったり、お買い求めいただいたみなさま、ありがとうございました〜!
少しでも、工作部屋の片付けのお役に立てれば幸いです。

私自身は、2日目の昼過ぎのわずかな時間しか、自分のブースにいられず、
不在時に会いに来てくださった方がいたとの話も聞いているのですが、
お話など、ほとんど出来ず、申し訳なかったです。

[販売結果]
・冊子版は、129冊売れました(1日目61冊/2日目68冊)
・通販、電子書籍版について記載したチラシ、300枚近く配布出来ました。
購入してくださったみなさま、チラシをお持ち帰りくださったみなさま、ありがとうございました〜!


そういえば、スイッチサイエンスさんのブースで配られていたチラシの
受託販売プログラムのところの写真に、片付け本の写真が使われていました(嬉)! ありがとうございます。まだ、品切れ中ですが、また販売を再開する予定です。のんびり、お待ちください。
B3qZSsgCEAE4DUiB3qZStpCQAAwTqD



IMG_0409IMG_0410
また、MFT2014の展示物の中に、工作部屋の片付けに役立ちそうな展示物がありましたので、紹介させていただきます。品モノラボさんの「二次元ポケット」という展示物。しまいたいもののサイズでポケットを作り、原寸大の写真をアイロンプリントで貼り付けて目印に。可愛い!そして、何より実用的!アイロンプリントで作れるので、どこのご家庭でも作れそう。展示では、バッグとエプロンで実装されていましたが、いろんなアイディアで使えそう。ウェアラブルでしまえるのも素敵。ポケットの手縫いも、可愛いです。展示説明してくださった方からは、キッチン用に欲しいという意見も多いとのお話も伺ったり。真似してみたい、片付けアイディアでした!

その他、私が撮影した写真は、下記にまとめました。
写真ほとんど撮れていませんが^^;
https://picasaweb.google.com/YmodeP/20141124MFT2014

今後の片付け本のイベント参加は、早坂さんが参加するイベントで、ついでに
販売してもらうことがあるかも程度です(早くても、春のNT京都かなと)。
これからは、あっという間に在庫切れになってしまった通販の再開も
行っていきたいと思っていますので、のんびりお待ち下さい。よろしくお願いします。

nod(Yモード) at 17:19|PermalinkComments(0)