妊娠・子育て

2017年09月02日

【子育て】使ってよかった育児用品(3歳くらい〜4歳(幼稚園入園頃)くらい)

早いもので、2013年夏に生まれた子が、4歳になりましたので、役に立ったもの立たなかったものを紹介していきます。一年に一回書いている記事なので、4回目ですね。今回は、幼稚園入園編も兼ねているという感じ。

良かったもの
幼稚園児用お弁当本




うちの子が通う幼稚園は、給食があるのでお弁当は遠足と運動会の時しか必要ないのですが、普段の夕食に大変参考にさせていただいている本です。3歳になると、幼児食ということで、だいたい大人とおなじものが食べられるようになるのですが、味が濃いものを与えるのは心配だし、辛いと食べないし、何を作ってあげれば良いのか、悩むことも多くて。しかし、幼児食の本は、とにかく作るのに時間かかりそうなレシピが多くて。手間なく栄養あるものを食べさせたいなと本屋さんで悩んでいる時に、そばで子どもが手に取った本が、お弁当本。手早く簡単に作れて、栄養も彩りもいい感じ。また、時間無くても作りやすいよう、本の構成もよく考えられていて。本当にお世話になっています。

夜用パンツ装着式オムツ


昼間のオムツは取れたものの、夜はまだトイレに行けない3歳児。夜用の大きめのオムツも、きつくなってきたので、こちらの商品を使うことに。時々ずれて、パジャマのズボンが濡れていることもありますが、それほど多くなく。以前、寝る前にオムツを忘れてて、お漏らししちゃったと夜中に泣いておきたこともあるので、安心して夜寝られるのは、とても重要なことだと思います。また、24枚=24日分なので、買い出し回数が減り、お財布にも優しいです。ただ、唯一の欠点は、普段行くスーパーには置いてないこと。あまり行かないドラックストアや赤ちゃん用品店まで足を運ばないと手に入らないのが、少し不便です・・・。Amazonで買えばいいんですけど、ダンボールの処分めんどそうだしw

布用接着剤

幼稚園の持ち物作りに活用しました。と言っても、市販品でOKな幼稚園だったため、指定サイズの市販品が見当たらなかった給食袋のみ作成(のちに、幼稚園からの指定は無かったものの、必要にかられてポケットティッシュカバーも作成)。
ミシンがあれば不要ですが、非常に残念ながら持っていないので布用接着剤を使用して見ました。キルト生地でも、普通の布地でも、接着剤のみで作れちゃいます。公式サイトにいろいろなものの作り方が置いてありますし(素晴らしい!)、ググっても、先輩ママさんブロガーさんの使い方記事が見つかったりします。正直、大した量作る必要がないなら、布用接着剤を買ったほうが、ミシンを手にいれるより安いと思いますw ミシンを使う技術も必要ないですし。ワッペンを貼るのにも、活躍します。

お名前シール
うちの子が入園した幼稚園は、給食があるので、毎日スプーン、フォーク、箸、コップを洗って持たせるのですが、洗うと、それらに直接書いた油性ペンの文字が、簡単に消えてしまって、毎日書き直すはめに。
私が使っているお名前シールは、100均で購入したものですが、水に強いと書いてあるだけあって、何度か洗っても書き直し不要で使うことが出来ます。地味に便利です。

おふろでスタディシリーズ


お風呂に貼って、数などを覚える学習シート。お湯をかけると文字が出てくるという、消えるボールペンのフリクションを開発したパイロットインクさんの子ども向け商品。数字や文字に興味が出てきた三歳児に渡したところ、大喜びで、お湯につけて、読み、なぞり、グングン数字や文字を覚えていっています。A4サイズで、4枚入っています。
冬だと、壁に貼った状態でお湯をかけても、一瞬で読めなくなるため、お湯にドボンと浸けることになりますが、文字が読めるようになる仕掛けは、大人が見ていても楽しいですw
お風呂用学習シートは、他にもいくつか出ていますが、お湯に浸けると文字が出てくるのはパイロットインクさんのこの商品だけかなと思います。また、書き順が小さく書かれているので、数字を覚えたら、その書き順通りになぞるのも楽しそうでした。正しい書き順も覚えられるので、良かったと思います。こういうのは、初めが肝心ですし。他のお風呂用学習シートには、書き順まで付いているものは、意外と少ないです。
お風呂用とのことで、当然ですが水やお湯に強く、カビも生えなさそうです(取説によると貼りっぱなしだとカビが生えることがある模様)。壁への貼りつけ・取り外しも、子どもの力で出来るのもありがたいです(1歳半の弟も貼り付けたり外したりは上手にやっています)。時々、この絵はこれか?というツッコミを入れたくなることもありますが、なるべく子どもに身近な題材を選んである感じも、良さげです。100均にもお風呂用学習シートがありますが、そちらの絵は、もっとツッコミが入れたくなるので、要注意ですw
ちなみに、うちの導入順は「かず」→「ひらがな」→「カタカナ」でした。カタカナもマスターしたら、次は「ABC」にしようかなと思っています。もっと大きくなったら「九九」や「日本地図」「世界地図」もあるみたいなので、そちらも検討したいところ。
また、この商品の利点としては、お風呂に入りたがらない時に導入すると、数日間は自分から入りたがるようになるところですw 助かりますw しかし、唯一欠点を挙げるとしたら、うちの子の場合「全部のシートを読んでからじゃないと、お風呂から出ない!」ってなるので、お風呂の時間が妙に長くなることかなと思いますw 導入時に、何か工夫が必要だったかもしれませんwww
ちなみに、対象年齢は1歳半からですが、これは自力で貼ったりはがしたりが出来るようになる年齢ってことかなと思います。また、言葉が出てくるから、指差しで教えられるからかなと。目的の数字やひらがなを覚えていくのは、3歳ごろからかと思います。

シールブック


こういう本で、シールをあるべき位置に貼れるようになるのは、3~4歳かなぁと思います。幼稚園でもそういう授業があるみたいだし。実際、1歳の弟は貼って剥がしてが楽しいため、むちゃくちゃなことになっていますw しかし、3歳児は気に入りすぎて、これを全部貼らないと動かないって駄々をこねて大騒ぎになったこともあるため、使うタイミングは難しいです・・・orz

また、何か他にも思い出したら、追記しますね。
過去の記事も、思いついた時に追記していますので、よかったら、参考になさってください〜^^
【子育て】使ってよかった育児用品(2歳くらい〜3歳(幼稚園入園前)くらい) http://ymode.ldblog.jp/archives/50546757.html
【子育て】使ってよかった育児用品(1歳くらい(立ち上がる)〜2歳くらい) http://ymode.ldblog.jp/archives/50534853.html
【子育て】使ってよかった育児用品(誕生〜1歳くらい(立ち上がれるようになるまで)) http://ymode.ldblog.jp/archives/50521544.html

nod(Yモード) at 23:39|PermalinkComments(0)

2017年07月15日

【子育て】おかあさんといっしょライブを観てきました

今日は、おかあさんといっしょ「ガラビコぷ〜がやってきた」という公演を、家族4人(夫、3歳児、1歳児、私)で観てきました。歌と体操のお兄さん・お姉さんが、TV放送とは別の方ということで、どうなんだろう?と行くまでは少々不安でしたが、すっごく良かったです!!!! また、機会見つけて行きたいと思ったくらい。



本当に良かったので、忘備録としてここに詳細を残しておきます。若干ネタバレありです。ご注意ください。迷っていたり、どうなんだろう?と思っているどなたかの参考になったらいいな。

出演者について
今回の公演は、歌のおにいさんが、ひなたおさむさん、歌のおねえさんが、西けいこさん、体操のお姉さんが、きよこさんでした。
歌のおにいさんのブログは発見できました。こちら>
ひなたおさむ『今日は【ガラピコぷ〜がやってきた】愛知県豊田市公演です!!!』
https://ameblo.jp/hinataosamu/entry-12292791665.html
ググると分かるのですが、ひなたおさむさんは、BSおかあさんといっしょのうたのおにいさんをされていた方みたいです。また、西けいこさんは、毎日流れる体操ソングのブンバ・ボーン!の「たまごがひとつ〜♪」のところの、女性の歌声の方でした(公演内でも紹介ありました!一緒に踊れて、貴重で嬉しかったですw) きよこお姉さんは、私の検索力では発見できませんでしたが、さきほどのひなたおさむさんのブログの過去の記事に紹介がありました^^>ひなたおさむ『NHK【ガラピコぷ〜がやってきた】コンサートの情報♪♪♪』⇒ https://ameblo.jp/hinataosamu/entry-12271818058.html
実際に観てきての感想は、おにいさんおねえさん3人とも、圧倒的歌唱力!!!!! すごい!!!!!ダンスも素敵!
ベテランって感じで、ものすごく良かったです。
また、他の公演では、違う歌や体操のおにいさんおねえさんが出演されているみたいです。
そちらも気になりますw
ガラピコぷ〜の3人も、いい感じでした。やはり、テレビで見ている子たちが、目の前にいるインパクト凄いですねw 個人的には、元々ムームー推しだったのですが、着ぐるみの目つきはちょっと・・・w と思いましたw チョロミーはTVと同じ印象で、ガラピコは、あの、みんなより少し歩きが遅い動きが、とてもいい感じでしたw 踊ると、ダンボーみたいなスカート部分?が揺れていて、少しドキッとしましたw

開場前について
物販の品物リストは、大ホールに入る手前のロビーの大きな看板一つに、貼り付けてあり。親子連れが入れ替わり立ち替わり、どれにしようか、悩んだりしていました。うちでは、一人一つだけだよ!と3歳児に話をしたところ、風車付きのスティックバルーン(860円)にしたいとのことでした。他には、キャラクター帽子とかハンドタオル、ぬいぐるみなどもありました。全体的に値段高めな気もしましたが、イベント価格ですね。また、うちは1時間前くらいに着きましたが、他に待ってる親子連れが結構いました。ロビーのベンチでお弁当を食べている親子もw

物販について
物販は、入場開始時間の12:30〜でした。チケットをもぎってもらって入場したら、すぐに壁際に販売スペースがある感じ。列形成もなく、買いたい親子連れが集まって、机の奥にいる係の方の手が空いた隙に声をかける感じでした。
また、閉演後にも販売していました。が、うちは事前に買って、大正解。開場までの待ち時間や公演中にも、子どもたちが遊んでいました。騒がず、遊んでくれるのは、親として大事w
綺麗な色の風車は、各キャラ毎に、ピンク・黄色・水色と選べる感じでした。子どもたち、回して遊ぶのに夢中でした。動くギミック大事!w また、振り回しても痛くない風船も素敵です。よく考えられていますね^^
物販、夫に何度か連れて行ってもらった、声優茅原実里さんのライブとは全然印象違いましたw 夫に連れて行ってもらった際は、売り切れが予想されるグッズ欲しさに5時間くらい物販のために並んでいたので、全然並ばずに済んで助かりましたwww ライブによって、文化って違いますね。当たり前ですがw

公演内容、子どもたちの反応について
ベテラン勢による公演っていう感じで、歌も踊りも、トークも、非常に素晴らしかったです。
子どもたちに、本物を観せてあげられたっていう、謎の感動をおぼえましたw
途中、ガラピコぷ〜の3人のコーナーもあって。ストーリーにツッコミを入れたくはなりましたが、面白かったです^^

子どもたちは、座席の椅子にそのまま座らせると、目の座席にさえぎられてあまり見えなさそうだったので、ほとんどの時間、膝に乗せて見せていましたw
うちの3歳児は、おにいさんおねえさんやガラピコたちの呼びかけに応えて、一緒に踊ったりジャンプしたりを楽しみました。40分過ぎると、座席にぺたりと座り込んでダラダラし始めて。集中力も持たなくて、疲れたようです。周りの子たちもそんな感じでw
うちの1歳児は、知ってる曲になると、目を見開いて、真剣に観ている感じでw 自宅で録画を見ていると、一緒に踊る曲もあったのですが(おしりフリフリなど)、微動だにせず、見ていましたw でも、さすがに1時間も集中力は持たず、お昼寝したいと駄々をこねたり、座席横通路のライトやパネルを触りに行ったりと、ウロウロもしていました^^;
帰宅の車の中では、1歳児は速攻寝て、3歳児はおやつをたくさん食べた後、車の中で寝ましたw
公演時間が昼食後という、昼寝時間だったため、まぁ、予想通りでした。しかし、地方公演のためか、元々午前の部は無いため、仕方ないですねー。難しいところです。
でも、3歳児は、公演日当日は帰宅してから寝る前まで、ことあるごとに「楽しかった」と感想を述べていたので、非常に印象に残った、楽しい思い出になったようです。


おまけ チケットの取り方
1. すくコム というNHKエデュケーショナルの、子育て情報満載のサイト内の「イベント情報」ページで、近場のイベント情報を探す。
https://www.sukusuku.com/contents/event_list
ちなみに、会員登録すると、イベント情報やこのサイトの更新情報がメールで届くようになります。
また、近所で開催されないなぁと思いがちなのですが、よく見ると、県内での開催自体が、そもそも年に数回あれば感謝感激レベル。以前、ワンワンわんだーらんど瀬戸公演の録画見てたら、瀬戸市って愛知県の北側なのですが、愛知県の南側の市町村から来た子がイベント会場のポストに投函したお手紙が入っていて、そのくらいの距離を移動する価値があるんだろうなぁと、驚きました。結局、今回うちは、高速道路を使用する距離だったのですが、その価値はあったと思います^^

2.チケット発売日の開始時間に、注文する
私は、開始時間10分後くらいに、慌ててチケットぴあやローソンチケットのサイトにアクセスしましたが、4人連続ではもう買えなくて。こんなこともあろうかと事前に登録していた、会場豊田市民文化会館のサイトから席指定して購入しました。会場のサイトからだと、どの席が良いのか選べるので、初めからそうすべきでした。結局、前から11番目の真ん中の右通路側から4席が取れました。かなり前の方で大満足でしたし、通路に面していると、出入りが楽なので、非常に良かったです^^
ちなみに、かかった金額は、一人 全指定席2,600円で送料:92円でしたので、4人全員で10,492円(税込)でした。私は、ネットで銀行振込して、郵送でチケットが送られて来たのを受け取りました。以上です。

今度は、この会場で、ワンワンわんだーらんどが開催されるみたいなので、行きたいところです。
しかし、ワンワンわんだーらんどは、今回の公演と違い、抽選みたいなので、当たるか分かりません。まだ詳細不明ですが、当たりますように〜。

nod(Yモード) at 22:58|PermalinkComments(0)

2017年05月06日

【子育て】愛知牧場のバーベキューに行ってきました

image
友人と友人の子どもたちと一緒に、愛知牧場のバーベキューをして来ましたので、覚え書き。2017/5/6現在の内容です。
非常に楽しく、美味しかったです。

愛知牧場のバーベキューHPは、こちら→http://www.aiboku.com/bbq
事前電話予約制。空いていたら、当日でも受付可能らしいですが、今回は、GWだったので、電話予約しました。予約が遅かったので、昼食時は予約取れず、10:00〜11:45の予約に。しかし、空き具合が簡単にPDFで見られました。助かります。一緒に行く友人との相談にも便利でした。また、事前にセットメニューの注文が出来るのですが、当日気軽に追加も出来るとのことで、安心でした。

電話予約の際、混雑時期で駐車場が混み合うかもという話だったので、早めの9:00に待ち合わせ。土曜日だったため、駐車料金は500円でした。平日は駐車無料らしいです。雨が降りそうな天気予報だったためか、駐車場も余裕で空いていました。ちなみに、愛知牧場内の売店は、10:00から。
自販機の牛乳飲んだり、馬や牛を見てから、バーベキューへ。

GWなので、お菓子を含めて食材持ち込み不可のコースのみでしたが、飲み物は自由に持ち込めるそうで。食材、タレ、胡椒、お皿、割り箸、食材用トング2本、使い捨てプラスチックコップ、手袋(1枚)、炭、炭用トング1本、着火剤2個、キッチンバサミ(ロングウインナーが入っていたバラエティー(8,500円)だったからかな?)を受け取って、予約していた席へ。ちなみに、全席、安心の屋根付き。ありがたい。

タレは、みんなのお皿に入れていったら、足りなかったのですが、話をしに行ったら、スッと追加を出してくれました。追加料金無かったの、ありがたかったですw

炭への火つけは、夫がサクッとやってくれたので、助かりました。すごい。さすが。
子どもたちは、うちの子も含め、小1〜1歳半まで6人いたのですが、火がつくのを待てず、すぐそばの芝生で遊んでいました。友人が持参したボールを追いかけたり、その辺りにたくさんいたダンゴムシを捕まえたりと楽しそうでしたw

炭の準備が整い、焼けるタイミングになったら、近くにあった水道(液体石鹸付き)で、みんなで手を洗って、いざ、昼食。バーベキューらしく、美味しかったのですが、3歳児くらいだと、冷ますのが難しいので、熱い><。と大騒ぎでした。ウインナーとか、皮が冷めても、中が熱かったり。親が気をつけてあげねばです。また、子どもたちはある程度食べると満足して(集中力が切れて?)遊び出すので、早めに子どもたちが好きな具材を焼かねばです。友人曰く、バーベキュー慣れしている人だと、はじめに焼きそば (子どもたちの大好物)を焼き、子どもたちに配り、落ち着いたら美味しい肉を親中心で食べるそうですwww しかし、非常に美味しく、大満足でした。そして、追加注文する場所も、バーベキュー場内という非常に近い立地で、物凄く便利でした。すぐ対応してもらえましたし。ただ、うちの1歳児や3歳児は、バーベキューではひたすらソーセージばかり食べており、せっかくの肉を食べるには、まだ年齢的に早かったかなーと思うので、もう少し大きくなってからの方が、適切かもです。個人差ありますが、今日の友人たちの子どもたちを見た感じから考えると、5歳以降が良いかなー?

今回、初めて子連れでバーベキューしてみて、必要だと思ったものは、以下の通り。
・食材が焼けるまでの遊び道具(シャボン玉をたくさん出せるおもちゃを持ってきている子が別の机にいて、他の机の子どもたち含め、みんなのヒーローになっていましたw あれは、他の人に迷惑をかけにくいし、良いかもしれないw シャボン玉液があっという間に切れていましたがw 多めの持参が良さげ)
・追加注文の焼きそば(理由は上記記載。電話予約時に予約しても良いのかも)
・追加注文の枝豆(そのまま食べられるので、食材が焼けるまでや、焼けた食材を冷ましている間に子どもが食べる用として最適。大人用のビールのおつまみという事実は知りませんw 枝豆好きな子どもって、なぜだか多いよねw)
・子ども用の箸、フォーク(一部の食材は、つまようじ でもありかもしれない)
・たくさんのお茶(現地でも買えるので、持参は不要かもw)
・ウェットティッシュ、普通のティッシュ(手や口周りが汚れるので、必須w)

片付けは、指定された棚などに分別。網と炭は熱いので、そのままでOKという親切仕様。
とても、簡単に美味しくバーベキューを楽しんで来られました。

また、愛知牧場はバーベキュー以外にも、ポニーへの餌やりが出来たり、菜の花迷路でカップルがいちゃついてるのを横目に走り回って迷ったり、どうぶつ広場でウサギやヤギ、こぶた、モルモットなどなどを撫でられたり、美味しいジェラートを食べられたりと、しっかり小銭さえ用意しておけば、遊べる場所が多く、子どもたちが大はしゃぎでした。気づいたら、朝から7時間近くも滞在していて、親が先にヘトヘトになりましたw また、子どもたちと一緒に行きたいな〜と思いました。
image

↑どうぶつ広場にいたヤギ。カッコよかったw


↓こういうのがあると、便利かも。いや、やり過ぎかな?w







nod(Yモード) at 21:08|PermalinkComments(0)

2017年03月05日

【子育て】使ってよかった育児用品(2歳くらい〜3歳(幼稚園入園前)くらい)

気がついたら、上の子が産まれて3年ほど経ちました。子育ては、期間限定イベント目白押しなのですが、本当にあっという間と思っているところです。

昨年まとめてから、また1年以上(一年半以上^^;)経ちましたので、役に立ったもの、立たなかったものなどをまとめておきます。これから2歳児を育てていく方に、少しでも参考になればと思います。

良かったもの
書籍「カリスマ・ナニーが教える 1週間でおむつにさよなら! トイレトレーニング講座」


そろそろ幼稚園の満3歳児クラスに入れたいけど、おむつが取れない>< と、トイレトレーニングに悩んでいた時に、夫がAmazonで評判良かったよと、注文しておいてくれた書籍。
うちでは、2歳半頃から、幼稚園に行きたがる子どものために、パンツで1日過ごさせたり、トレパンマン(トイレトレーニング用紙おむつ)を試してみたり、シールで釣ったりと、いろいろ試してみたのですが、上手くいかず。この本を読んで、書いてあることを試してみたところ、ようやくトイレトレーニング完了しました(まだ昼寝・夜の就寝時はオムツですが)。
本の通り1週間で終わりましたが、正直、辛かったです。Amazonのレビューも大変参考になりましたが、やってみての感想や、うちの場合どうだったかも、ここにメモしておきます。参考になれば。
・書籍は、文字ばかりで、事例も多く読み切るのに時間がかかる。トイレトレーニングが気になった時点で、早めに読むべし。(簡潔に図式化した本があったら、正直欲しかったw しかし、これを読み込む余裕が親にないとダメかもなあとは、少し思いました。)
・2日目までは、15分おきに声をかける必要があるため、家事が全く出来ません。0歳児がいるからと、夫のいる日に行いましたが、それでも無理でした。おもらし対応にも追われるし。朝昼夜と、ご飯の準備(レトルトとか)をあらかじめしておくと良いかと。
・初日(土) 午前中にパンツを大量買いし、11:00頃からスタート。「今日からトイレ祭りだー!わーい!!!」と、夫婦で超テンション上げて頑張る。無理やりテンション上げるには「祭り」という言い方をすると良い感じでした。私は何もなくテンションとか上げられない無理。2歳児は、一度トイレに行っておしっこできたものの、お昼寝中オムツで大量におしっこして何とかした模様。
トイレで1回、おもらし無し(昼寝中オムツへはあり)
・2日目(日)トイレで3回。おもらし1回。
おもらし時も、トイレと言えたものの、プリキュアのエンディング見たさに、実際にはトイレに行けず、もらしてしまう。
・3日目(月)トイレで1回、おもらし6回(うち2回はうんち)。トイレの1回は、おばあちゃんと散歩中にしたそうです。本の通り、親からの声かけ回数を減らしたところ、おもらし対応だらけに。なかなかトイレに行かないし、おもらし処理が大変すぎて(ハイハイ期の0才児が片付け中に乱入してくるし)、私が鬱気分に。
・4日目(火)トイレで6回、おもらし無し(昼寝中オムツへはあり)
・5日目(水)トイレで3回、おもらし3回。
・6日目(木)トイレで3回、おもらし無し(昼寝中オムツへはあり)
・7日目(金) だいたいトイレで出来るようになったため、私のメモはここで終了
3日目、精神的に辛かった。やっぱり無理なんじゃないかって。本を信じて頑張ったら、1週間で、本当に自分で「トイレ行きたい」と言えるようになって、驚きました。辛かったですが、良かったです。その後は、時々トイレにたどり着くのが間に合わなかったりしてもらしてますが、ちゃんとトイレに自分で行けるようになりました。幼稚園の満3歳児クラスへも通えるようになりました。毎日楽しみに、通っています。良かった良かった。

塗り絵サイト
3歳に近づいて、塗り絵をするようになりました。雨の日など、お外へ遊びに行けない日にとても便利。夢中で遊んでくれます。以下が、子どもウケが良くて、公式に無料で配布してくれている素晴らしいサイト。
・Eテレ いないいないばぁ、おかあさんといっしょ など
http://www.sukusuku.com/contents/theme/coloring

・ドラえもん
http://dora-world.com/coloring/


ちなみに、他のサイトを自力で探す場合、Yahoo!キッズ( http://kids.yahoo.co.jp )で検索するのがオススメ。googleなどで検索すると、著作権的にあやしかったり、ダウンロード時に危険な匂いのするサイトが出てきてしまいます。Yahoo!キッズだと、イライラせず安心して探せますw
ただし、うちでは弟の0歳児がつかまり立ちするようになった時点で、3歳児が落ち着いて塗り絵出来なくなったため、最近はおやすみしています。

Amazon Fire TV


これは、我が家に導入したタイミングが、ちょうどこの時期だったというだけですが。
好きな番組を、繰り返しみられるのが、便利です。また、パスワードを入れないと、次が見られないように設定できるため、リモコンさえ親が確保出来れば、ダラダラ見続けるのを阻止しやすい気がします。
うちの2歳児にウケた番組→クリエイティブギャラクシー(アートを作る番組)
3歳になってからウケた番組→アニメ ポケットモンスター、みんなのウミズーミ(算数番組)
クリエイティブギャラクシーとみんなのウミズーミは、5歳くらいの子が対象の番組な気がするのですが、少し背伸びした内容と、主人公たちの万能感が、うちの子には受けている気がします。
<追記 2017/8/30>ただし、Amazonプライムは、期間限定配信が多く、先月まで見れていたのに、次の月からは見れない(お金払ってみることさえもできない)ということも多いので、見られなくなった当初、ギャン泣きされて、大変でした。何度も説明し、Amazonプライムはそういうものだと理解してもらいましたが。特に、ドラえもん映画とか、新作公開時(春〜秋?)しか見れないっぽいので、要注意です・・・。

買ったけど使わなかったもの
トレーニングパンツ
上記の本を買う前に、取り入れようと購入しましたが、結局使わず。ゴワゴワして着にくいので、本人が嫌がっていた感じです。普通のパンツに比べ、少し高価なので残念感が特に強いですw


nod(Yモード) at 00:47|PermalinkComments(0)

2016年06月05日

【簡単理科実験】【子育て】2355の「プリンのカップはどうなる?」を試してみた

2016/5/27の2355夜更かしワークショップが、本当に簡単でしたので、2歳児と一緒にやってみました。という報告です。
imageEテレで平日23:55から放映している2355という番組は、金曜日に「夜更かしワークショップ」という理科実験みたいなワークショップをやってくれることがあるのです。
以前、フィングリッパーを作って遊んでみて楽しかったりしたのですが(【お手軽工作】2355これなんだスペシャルのあれを作ってみた http://ymode.ldblog.jp/archives/50540099.html )、今回は、ゼリーとプリンの容器を使った実験でした。ゼリーの容器を水に沈めると中の空気に持ち上げられて浮かび上がりますが、プリンの容器の底の穴(プッチンプリンをお皿に出した時の穴)を手でふさいで水に沈めて手を離すと、どうなる?という内容。
たまたま、部屋の中のおもちゃを片付けている最中に、穴のあいたプッチンプリンの容器が出てきたので、うちでも、2歳児と一緒にお風呂場で試すことにしました(風呂入れ係の夫が対応してくれました。いつもありがとうです!)。

image結果は夜更かしワークショップの通りになり大成功。うちの2歳児も「たなかさんの、いったとおりになったー!」って、凄く喜んでいましたw しかも、イヤイヤ期で毎日お風呂に入りたがらない2歳児が、その実験をする日は、自分で着替えを持って急いでお風呂に向かいましたので、本当に助かりましたw ちなみに、実験後は逆さまに水を入れて、穴から水を出して遊んだりもしていますw この実験、小さな子どもにもウケるので、お子さんのいる方にはオススメです! ちなみにお風呂でこの実験をしたのは、うちにはプリンの容器を沈められる水槽がなかったからです。お風呂でやらねばというわけではないですw

自宅で簡単に出来る実験、これからも楽しみにしています(6/3の夜更かしワークショップは、うちの2歳児がやりたがっていますが、食用油の処理が面倒なのでちょっと…w)

2355は、考えるカラスと違って、現象の理由も最後まで教えてくれるので、ストレスが少なくて助かりますw image理科教育のための考えるきっかけ作りをする番組ではないからでしょうね。2355の夜更かしワークショップだけを集めたDVD付き書籍とか、出してくれないかなぁ。絶対買いますよー。

そういえば、ナレーターが爆笑問題の太田さんと言えば、こちらも、とても良かったです。2355で流れていた「放物線のうた」のきっかけになったDVDなのかな? 同じ映像も少し使われていますし。歌は入っていませんが。まだ見ていない方は是非〜。


nod(Yモード) at 21:00|PermalinkComments(0)