妊娠・子育て

2013年07月18日

【妊娠】保健体育の教科書には載ってないような気がする、妊婦さんになってみないと分からないこと

今月(2013年7月)、臨月になった私が体験したことなどをまとめてみるよ(忘備録兼ねて)。太字以外は補足なので、読飛ばしてもOKです。
追記:2015/08/10 二人目妊娠時のつわりについて

妊娠時に必要と言われる「葉酸(栄養素の一つ)」は、妊娠前・初期に必要
正直、知らなかった。妊娠前から栄養素に注意してた方が良かったなんて。多く含まれる食品は、ブロッコリー、いちご、納豆など。サプリメントで摂取する人もいるそう。
ちなみに、理由は「二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発生を減らすため」「神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に脳や脊髄の元となる神経管と呼ばれる部分がうまく形成されないことによって起こる神経の障害です。葉酸不足の他、遺伝などを含めた多くの要因が複合して発症するものです。」「」内は、私の手元の母子手帳71ページより抜粋

これは、妊娠初期の妊婦さんは、見た目の変化は全く無いけど、胎児の各器官が形成される時期なので、とっても大事ということですね。葉酸不足による神経管閉鎖障害だけじゃなく、最近流行している風疹やその他感染症が原因の障害もある模様。本人だけじゃなく、周りの人も気をつけねばですね。

つわりとは、状態、時期に個人差が物凄くあり、とてもつらい
yahoo!辞書によると「(多く「悪阻」と書く)妊娠の初期にみられる消化器系の一群の症状。空腹時の悪心(おしん)や嘔吐、気分や嗜好の変化、食欲不振など。 」とのことですが、物凄く個人差が。「水分も自分ではとれなくなり、数ヶ月入院生活」という酷い人もいれば、「胸焼け程度で大したこと無かった」という軽い人も。また、一人目と二人目では症状が違う人もいるそう。そして、妊娠初期に出やすい症状ですが、出産までずっとつわりが続く人もいるそうです。あ、あと、良く言われる酸っぱいものが食べたくなるという症状も、個人差が。私の場合は、より美味しく感じられましたが、レモンをかじりたいというような極端な酸っぱいもの好きにはなりませんでした。
ちなみに、私に出た主な症状は、下記の通り。妊娠2ヶ月から妊娠5ヶ月くらいまででした。
・気持ち悪くなり、吐く
 ・空腹時
 ・特定の匂いを嗅いだ場合(ごはんが炊ける時の匂い、夫の匂い、生ゴミの匂い、タバコの匂い、香水の匂い、ファンデーションの匂い、ガソリンの匂い、歯磨き粉の匂い など)
 ・油っこいものを食べた場合(揚げ物系、生クリーム系全般:クリスマスに夫が購入してくれたロールケーキを5mmほど薄く切って食べても、ダメだった。)
 ・電車、車などで15~30分以上、揺れた場合(特に立ちっぱなし時)
・だるくて、眠い
・やる気が出なくなる
・寒気がする

最寄り駅まで辿り着ける気がしなくて、何度も仕事を休んだりしました(職場に理解があり助かりました)。助産師さんの助言などで、空腹にならないようこまめに、ごはんを食べるように。朝・夕方とコンビニのお赤飯を食べるのが仕事ある日の習慣になっていました(腹持ちが良いから)。でも、2ヶ月くらいその生活を続けていたら、体がお赤飯もういらないって拒否するようにw 食べ過ぎは良くない模様w
つわり期に、良く食べたもの(何も食べないと自分が倒れるため、この時期は食べれるものが偏っても良いから食べるように、お医者さんに指示されていました)
 いちご、冷えたごはん、6Pチーズ、蒟蒻ゼリー、レーズン入りロールパン(中にマーガリンが入っていないもの)
つわり期は、ごはん炊いてる時の匂いが本当にダメで、炊飯器から湯気が出ている時間は、2Fで寝込んでいました。夫が気を利かせて、ベランダに炊飯器を持ち込んで窓締めて炊いてくれたこともありますが、コンセントを通すための隙間から匂いがしてきて、やっぱり2Fで寝込みましたw つわり期は、夫が毎日ごはん作ってくれたので、生き延びれました。感謝しています。ちなみに、高校時代の友人に話を聞いてみたところ、上記のような症状ほとんど出なくて、「胸焼けだけだったよー。旦那さんの匂いが辛いなんて、ウケるーw」と言われて驚いたり、違う友人からは「仕事3ヶ月間行けず、一日に8回以上吐いたよー。体力の限界だった」言われたり。私が吐いたのは、最高でも一日4回でした。でも、吐くと体力を消耗するので、1度でも吐いたらその日はぐったり。。。
追記:二人目のつわり、一人目とはまた症状が違ったりです・・・。二人目妊娠時も、経験に頼りきれないところあります。どうぞお気をつけください。私の場合、二人目妊娠時は、ごはんの炊いてる匂いは何とか大丈夫になり驚きましたが、体のぐったり度がひどくて、寝込んでる状態が多かったです。また、食べられないものが増えました。大好物のえのき茸、プレーンヨーグルト、フルグラを食べることが出来なくなりました。また、新しい味への挑戦意欲が全くわかず、元々新製品好きだったので、夫から心配されるレベルでしたw 仕事を辞めてて、一人目の子育てを行っているという環境の変化も原因かもです。また、お腹の中の子の性別が違うと症状が違うと、友人が話していたり。この辺りはよく分からないですね。

マイナートラブルが発生しやすいのに、良く効く薬は出してもらえないことが多い
妊娠中は、つらいなと思ったら、「症状」と「妊娠」のキーワードで検索すると、大抵ヒットしましたw 胎児に悪影響が出るため、良く効く薬は出してもらえないこと多し。
私の体験したトラブルは下記の通り。
 ・便秘(ホルモンが変化するため等)
  →産婦人科で処方された薬はあまり効果無く。朝、冷たい飲み物(牛乳等)を飲むと腸が動くようになって良いと聞き、試してみたら、無事、解消。
 ・貧血(妊娠時は血の量が増え薄まるため)
  →産婦人科にて鉄剤を処方される。卵、豚肉が良いと聞き、意識して摂取し、ほぼ回復。
 ・風邪が長引く(抵抗力が弱くなるため)
  →夫がひいた風邪をうつされて。妊娠時出せる薬が少ない中、無理やり出してもらったが効果薄く。人生初の3週間ずっと風邪が良くならないという状況に。処方された漢方の薬を飲み続け何とか回復。
 ・親指の爪と肉の間で細菌感染して膿みが発生(抵抗力が弱くなるため?)
  →皮膚科で爪を深く切って膿みを出してもらって、消毒・抗生物質処方され。「妊娠中だから、麻酔無しね」という声が聞こえた時には、超ビビった(そこまで痛くない処置だったけどw)
 ・腰痛(お腹が大きくなる等)
  →マタニティヨガで教えてもらったストレッチを寝る前に繰り返すことで解消(臨月からは、姿勢の悪さのせいか、それも効かず困ってるw)
 ・足がつる(体内バランスが崩れる、冷え等)→つりそうな時は、ゆっくり動くようにして何とか回避
 ・暑がりになる(血流量が増えるため)→助産師さんに相談し、頭や首筋を保冷剤で冷やす
 ・恥骨が痛い(臨月になり胎児が降りてくるため)→骨盤を締めるベルトをつけて、ごまかす


電車や路線バスの席を譲ってもらえると一番嬉しい時期は、つわり期。
つわり期は、上に記載した通り、非常に気持ち悪いのです。お腹が大きくないけど、マタニティマークを鞄につけている妊娠初期の方が、席を譲ってもらえると助かります。お腹が大きくなって、誰が見ても妊婦さんとなると、気づきやすいし、席も譲りやすいと思うのですが、誰が見てもお腹が大きいという時期は、つわりが終わって安定していることが多いため、ちょっと体力的にしんどい程度で、そんなに席を譲ってもらいたいという程ではなかったりします(個人差があることなのですが、私はそうでした)。
私も、自分で体験するまで、知らなかったので反省中なのですが、もし、電車や路線バスでマタニティマークをつけている方がいたら、お腹大きくなくても、席をゆずりましょうー。

聞いたことの無い用語に囲まれる
妊娠発覚後に読む雑誌などに、用語集がついてる程、聞き慣れない用語が出てきます。私が分からなかった用語たちは下記の通り(分かりますか? 良かったら、検索してみてください)。
 戌の日、腹帯、母親学級、両親学級、トコちゃんベルト、妊娠線、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、おなかの張り、出産育児一時金直接支払制度、切迫早産、破水、産褥期 など

歯を健康にしておかないといけない
前期母親学級で歯科衛生士さんから、お話がありました。歯周病や虫歯で、低体重児や流産の割合が増えるそう。また、歯のカルシウムがお子さまにとられるということは無いのに、虫歯などになりやすいらしいです。つわり期、気持ち悪くて歯磨きが出来なかったり、唾液の成分が変わったりするのが理由のようです。

身体的変化は、お腹が大きくなるだけじゃない。個人差がもちろんあるけど。
お腹が大きくなるのは、良く知られていると思いますが、他にもいろいろ。
胸が大きくなる、毛深くなる、妊娠線(肉割れの線)が出る、出べそになる、肌が黒ずむ、肌が荒れる など。個人差がありますが、からかったりしては絶対なりません。

太りすぎてはならない
昔は赤ちゃんの分まで食べろと言われたそうですが、今は体重増加の目安が母子手帳にも記載されています。太りすぎると、妊娠高血圧症候群になりやすかったり、産道(赤ちゃんが産まれる際通るところ)が狭くなって大変な出産になったり、いろいろ起きてまずいらしいです。

臨月に入ると、一日1〜2時間歩くことが推奨される
昔は安静にしておくよう言われたようですが、最近は、産婦人科の先生より、歩け歩けと言われます。歩くことで、赤ちゃんが下に降りて来て、出産しやすくなるようです。出産後必須の、体力もつきますし。

出産のはじまりは、陣痛だけじゃない。破水から始まる出産もあるのです。
出産の始まり方というと、陣痛がきて始まると私は思っていましたが、破水(=卵膜が破れて羊水が出て来ること)で出産の始まりとなる場合もあるそう。破水すると、細菌感染が怖いため、即入院に。また、多量の出血が起こった場合は、何か異常が起きている可能性があるため、直ちに連絡とのこと。妊産婦(出産2回目以降の人)だと、順調に出産が進みすぎて、自宅でトイレ行ったらお子さまが産まれてしまって、急いで産婦人科に電話という怖い話も時々あるそうです。また、何らかの理由(逆子や骨盤よりお子さまが大きくなっている、その他病気等)で計画的に帝王切開する場合もあります。いろんな出産の始まりがあるということで。一概に言えないんですね〜。

出産費用は、思ってたよりもかからない。
健康保険から、出産育児一時金と言って、42万円程度支払ってもらえるんです。しかも、直接支払い制度という制度が使える病院は、健康保険→病院に直接支払われるため、その金額を自分で用意する必要が無いのです。差額が発生した場合は、その分のみ支払うことになります。
私がお世話になっている病院は、出産による入院は個室しか選べないため個室代がかかったり、帝王切開や休日・時間外対応になった場合は、さらに追加料金が必要ですが。
昔は出産時に大金が必須だったからと、お義母さんに心配されたりしましたが、良い時代になったようです。


いろいろ記載しましたが、やっぱり、何事も体験してみないと分からないですね。記載漏れもいろいろありそうですが。保健体育では、ここまで詳細な話はされないですし、時間的にも無理なのでしょう。でも、経験者では無くても、多くの人が知っていたら良いのにという内容ばかり。ほんの少しでも参考になったら、嬉しいです。

nod(Yモード) at 00:35|PermalinkComments(0)

2014年02月18日

【出産】陣痛開始〜出産までにしてもらって嬉しかったことメモ

半年くらい前になりますが、無事、女の子を出産しました。いろいろと心配してくださったり応援してくださった皆様、また、お祝いしてくださった皆様、どうも、ありがとうございました〜!
出産は、やっぱり初めてのことだらけで、非常に興味深い出来事だらけでした。

ここには、陣痛開始から出産までに、夫にしてもらって
嬉しかったことなどをメモしておきます。
今後、奥さんが出産を控えている方などに参考にしていただければ。
まぁ、仕事中に奥さんが陣痛、出産とかも良く聞く話ですし、
そばにいられるかどうかは、運次第なのですが・・・。
(記載中、強烈なのろけメモな気もしてきましたw 苦手な方はご遠慮くださいw)

陣痛開始から病院に行くまで
・病院に電話してみることをアドバイスくれたこと
 →10分おきに陣痛が来た際、本当に陣痛かわからないんだけどと迷っていた私に、
  夫が「違っててもいいから、とりあえず病院に電話してみなよ」とアドバイス
  くれました。背中を押してくれてホッと出来ました。
  電話した結果、陣痛の痛みが5分おきになるまで待つことになりましたが。
・夜、睡眠をしっかりとってくれたこと。
 →陣痛が来たのが、夜中の0時頃だったせいですがw その後に備え、しっかり
  寝てくれたのは嬉しかったです。私は、寝室の夫の隣の布団で、必死に
  声を出さずに痛み逃しの深呼吸していましたがw
・病院へ行く際、率先して荷物運びしてくれたこと。
  →荷物を車に運び入れてくれて、運転もしてくれ、いたれりつくせりでした。
  お義母さんへの連絡もすぐにしてくれたし。
  夜間受付の病院の受付もしてくれて。頼れる!と感動しました。
・陣痛でつらい時には、立ち止まって待っていてくれたこと。
 →陣痛の痛みは、痛い時と痛くない時が波でくるのですが、痛い時は本当に
  歩けない程痛くて。病院の駐車場から建物に移動するちょっとした距離でも、
  立ち止まり、痛みに身もだえましたが、ずっと待っててくれて嬉しかったです。

病院着いてから、出産まで
男性は、出産の時には何も出来ないと思っている人も多いみたいですが、
私の場合、立ち会い出産してもらったためか、そうでもなかったです。
私みたいに、奥さんが立ち会い出産を希望する場合には参考になるかも。
・何をして欲しいか聞いてくれた
 →嬉しかったです。はじめから何も出来ないと決めつけず、聞いてみるのは
 大事だと思います。
 私の場合は、出産時、パニックになる人が多いと聞いていたので、
 痛み逃しに効くという深呼吸をするよう、声に出して言ってもらうことにしました。
「はい、深呼吸してー。大丈夫だよー。できてるよー。」と。
 夫に声に出して言い続けてもらうことで、パニックになりそうになっても、
 落ち着いて痛み逃しすることが出来ました。ずっと「深呼吸してー」だけだと、
「頑張って、深呼吸してるし!何言ってるの!」とカチンと頭にくるためwww、
「出来てるよー」とか「うまいよー」と言ってもらったのも良かったかとw
 病院に向かったのが朝4時頃だったため、朝7時頃、あまりの眠さに夫の中で
 ゲシュタルト崩壊が起きていましたがw 眠かった中、ずっと言い続けてくれて
 本当にありがたかったです。
 また、陣痛が進むと、いきむ必要が出てきました。ここでは、「顔に力いれずに、
 下腹部に力入れてー」(顔をくいしばると無駄な体力を使い、出産に必要な力が
 入らないそう)という、助産師さんにアドバイス受けたことを言ってもらうことに。
 おかげで、助産師さんから「パニックになる人が多い中、本当に落ち着いて
 出産出来てて、凄かった」とお褒めの言葉をいただくことが出来ましたw
 おまけとして、夫が落ち着いて、適切なアドバイスをずっと言い続けていたため、
 助産師さんたちから「あの旦那さんは医療関係者では?」と噂になっていた
 そうですw(違いますw)

・嫌がることはすぐにやめてくれた
 →陣痛中腰が痛くて辛そうにしていた私に、夫はさすろうとしてくれたのですが、
 私はさすってもらうのが苦手なので断りましたが、すぐやめてくれて助かりました。
 でも、腰に手をおいてもらったら、夫の手の温かさに、安心しました。

・周りの状況を教えてくれた
 →お義母さんや自分の親などが駆けつけてくれたことを教えてくれて。
 陣痛で痛くて動けないし、聞いてもしょうがないような気もするのですが、
 どうなっているのかなど、心配だし、ちゃんと教えてくれて良かったです。

・出産後、外で待つ家族に連絡・写真撮影しておいてくれた
 →無事出産出来たことを、出産した部屋の外で待っていた家族に伝えてくれ、
 産まれたての子どもと一緒に記念写真に撮っておいてくれました。
 私自身は、出産後いろいろ処置があり、体力的にもへとへとで動けないので
 助かりましたし、嬉しかったです。

出産時、奥さんが陣痛で超痛くて苦しむ中、漫画読んでたり寝てたりする旦那さんか結構いるそうです(助産師さん談)。まぁ、長時間になると、やること無くて辛いんだと思いますが。(注:私の場合は病院着から8時間…これって、かなり早い方です。3日かかるとかいう話も聞いたことあります)。
出産時は、喉が渇いて飲み物が欲しくなったり、お腹が減る場合もあるそうです。
また、痛いところに手を置くだけで、痛みが和らぐような気分になることもあります。
何も出来ないとはじめから決めつけずうちの夫のように聞いてみると良いと思います。
また、事前に奥さんにも、何かしてほしいことがあれば言ってねと話しておくと、
お互いに心構えが出来て良いと思いますよ〜。

nod(Yモード) at 20:19|PermalinkComments(0)

2014年09月30日

【子育て】子育て前・中に知っておくと便利なサイトまとめ

子育て前や子育て中に知っておくと便利なサイトを、メモメモ。
他にも見つけたら、じわじわ増やしていくかも。

子どもが病気やケガした時
こどもの救急(ONLINE-QQ)
http://kodomo-qq.jp/
生後1ヶ月〜6歳までの気になる症状をチェックボックスで答えて行くことで、どうすれば良いのか分かるようになっているサイト。様子見していればいいのか、急いで病院に連れて行くべきなのか、判断に迷った時に便利。

小児救急電話相談事業(#8000)について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html
休日・夜間の急な子どもの病気で困った時に電話すると、看護師さんや小児科医さんにつながる電話。知っているだけで、何だか安心。つながりにくいとの噂もありますが、都道府県の電話先も記載されているので、そちらへトライするのもありかも。

月齢計算
日数計算(日付−日付)
http://keisan.casio.jp/exec/system/1177658154
赤ちゃんのうちは、書類に○ヶ月と書く機会があったり、「今、何ヶ月ですか?」と聞かれる機会があったり。ここで入力すると、すぐ分かって便利です。

子育て情報など
すくすく子育て
http://www.nhk.or.jp/sukusuku/
NHK Eテレの子育て中のパパママのお悩みを解決していく番組のHP。連ドラ録画して、余裕ある時や、見るテレビが無い時に、見てます。夫がいる時に流すと、夫の子育て意識を高めやすくw、子育て情報もゲットできて、便利ですw HPにも、簡単に情報載っているので、暇なときには便利。あ、NHK BSプレミアムでやっている「カリスmama」という番組もあるのですが、こちらは、紹介されているママさんたちのレベルが高すぎて、ついて行けないので見るのをやめましたw 無駄に自己嫌悪に陥ったり、ストレスをためることはないよねw【追記】2015年に番組終了していたようです。私はついていけなかったけれど、すごく頑張ってるママさんがたくさん紹介されていた良い番組でした。

まいにちスクスク
https://www.sukusuku.com/contents/theme/maisuku
上記のすくすく子育てをほぼ卒業したら(内容的に1~2歳くらいで不要になると思います)、こちらの番組が参考になります。こちらは、私は録画はしていませんが時々見ては、参考にしています。

「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみた 前編
https://katarue.com/2012/07/blog-post_9-9/
カタルエというサイトを運営されている専業主夫のムーチョさんの漫画。子育てをはじめる前や、子どもに振り回されたりして何だか辛いと思ったら、読むことをオススメしたい漫画。ドラクエ好きな私には、なるほどー!と分かりやすかったです。後編も必読! ドラキーって、本当に雑魚だよねw ドラクエやってない私の夫には、あんまりピンと来なかったようですがw 他の4コマ漫画や記事も面白くて、興味深いです。

【追記】2019/05/18リンク先修正しましたが、後編へのリンクアドレスも変わっているみたいなので、貼っておきます。>後編 https://katarue.com/2012/07/blog-post_4544/
漫画が描かれるきっかけになった記事>子育てがうまくいってない人は、未だに「自分の人生の主人公は自分」だと思っちゃってる人 https://katarue.com/2012/07/blog-pos-51/


指一本動かさずに妻の家事負担を減らす方法
http://papalabo.jp/2011/02/20/%e6%8c%87%e4%b8%80%e6%9c%ac%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%95%e3%81%9a%e3%81%ab%e5%a6%bb%e3%81%ae%e5%ae%b6%e4%ba%8b%e8%b2%a0%e6%8b%85%e3%82%92%e6%b8%9b%e3%82%89%e3%81%99%e6%96%b9%e6%b3%95/ 【追記】2019/05/18リンク先修正しました。

パパラボという、子育て中の共働きご夫婦ブログの記事の一つ。子育てが始まると、夫婦での家事分担って問題になると思います。良く話し合うことが何より重要だと思うのですが、この方法は知ってると良いかもです。うちでは、夫に読んでもらったら、「何でもいいよ」と言った後に、「あ、それだと意味ないんだよねごめん」と考え始めてくれたり、あやまってくれたりするようになりましたw

男性がなかなかできない妻への寄り添い方
http://papalabo.jp/2014/02/01/post-4784/ 【追記】2019/05/18リンク先修正しました。
同じく、パパラボさんの記事。私は妻側なので、自分だけ不自由でイライラする感じが分かりますw でも、そうだよね。夫にも不自由になってもらうのは、無理だよねとも思います。でも、自由に行動することでストレスを減らし、家事や仕事頑張ってくれてると思えば、そこまで腹が立たないこともありますw 他にも、こちらのブログのいろいろな記事には、お世話になりました。感謝。

nod(Yモード) at 19:37|PermalinkComments(0)

2015年01月08日

【子育て】使ってよかった育児用品(誕生〜1歳くらい(立ち上がれるようになるまで))

子育てを始めて、1年以上経ち、いろいろ分かってきたことが増えてきました。
ここでは子育て中に買ったりもらったりして、特によかったもの、買わなくてもよかったと後悔したものをまとめておきます。これから子育て始める方の参考になれば。またこの後のものも、徐々にまとめていきたいと思います。
2015/01/14 追記)抱っこ紐、抱っこ紐カバー
2015/08/09 追記)子ども用ハンガー、赤ちゃん用衣類洗剤
2015/09/27 追記) トイレスタンプ、赤ちゃん用爪切り
2016/07/10 追記) オーボール
2017/09/21 追記) 体幹トレーニング本

買ってよかったもの
おむつ専用ゴミ箱(出産前に購入)
→匂いを押さえ、市町村のゴミ袋が使える。



友人に、離乳食始まったら、ふた付きバケツじゃ対応出来なくなるくらい臭いから、早めにゴミ箱買っておいた方が良いよと言われ、購入。おむつゴミ箱は、専用カートリッジ付きでおむつ一つ一つを袋に包んで匂いをもらさないものもありますが、正直、買いに行く手間やカートリッジ代が大変。
これなら、市町村のゴミ袋でも対応出来(30L用ゴミ箱ですが、私の住む市町村は30Lのゴミ袋売ってないので、40Lのを使ってます)、ゴミ出し日にそのままゴミとして出すことが出来ます。また、レバーを引くだけで捨てられるので、捨てる際の手間も対したことありません。カートリッジ式やふた付きゴミ箱などと比べ、購入時、若干高いですが、長い目で見るとお得なのではと思います。

授乳クッション(出産前に購入)
→授乳時の姿勢が楽になり、肩や背中の、こり防止にも。

2015-01-08-13-51-43出産前は、夫の居間用枕としても大活躍していましたがw あると便利です。授乳が少し楽になります。人によっては、タオルなどで高さを調整したりして使わない方もいるそうなのですが小さい子どもがいる私の友人たちの中では、普及率100%ですw いろいろ種類があるので、迷いますが、私はシンプルな形状で値段安めのものを購入。カバーが洗えるのが、良いです。全体が洗えるものだとより良いのかもです。使ってみて、よだれやその他いろいろな原因で汚れるので、結構な頻度で洗いたくなるものでした。

おしりふき用ふた(購入タイミング不明)
→何度も付け替えることが出来、おしりふきが取り出しやすく閉めやすい

2015-01-05-14-28-352015-01-05-14-28-45商品名は忘れてしまいましたが、おしりふきのふた。何度も付け替えられるという文字を信じて購入。実際、何度も付け替えていますが、ふたが剥がれることなく、非常に使いやすいです。しばらく無くてもいいやと思っていましたが、元々のシールのふたは、何度も開け閉めしていると、中身は残ってるのにくっつかなくなって^^; 他の商品で、ボタンを押すとぴょんとふたが開くものもあるそうなので、お好みですね。ちなみに、おしりふきは、近所のドラッグストアで3パック200円くらいの安いものを愛用しています。他のも試してみたのですが、私は、薄くても、小さくて安いのが、気軽で使いやすいなぁと、考えるようになりました。

抱っこ紐(妊娠中に購入。)
→腰痛防止、腕の筋肉痛防止対策

近所の大型赤ちゃん用品屋さんで、店員さんに相談しつつ購入。いろいろあって、迷いましたが、最終的には、夫の意見で、猫柄だったのを決め手にw、アップリカのコランビギという商品を購入。でも、出産後知り合ったママさんたちの中では、エルゴという抱っこ紐がすごく評判いいです。調べてから購入するのをお勧めします。でも、何はともあれ、抱っこ紐あるとすごく楽です。首すわる前にも、買い物などで出かける予定があるなら、横抱きできる抱っこ紐便利です。人によっては、体型が違う旦那さんと奥さんで、一つづつ購入するそうですが、うちは、つけるたびに調整して使っていて、少し面倒ですが、問題ないです。

抱っこ紐カバー(こういう商品があることに気づいてから購入。)
→収納しづらいストレス低減w

2015-01-13-15-13-02子育て雑誌内の広告を見て購入。抱っこ紐あまり使わなくなってから気づいたけれど、抱っこ紐購入時に買っておけばと思いました(買いたてだと、抱っこ紐にまだハリがあるから、しまいにくいみたいですが)。抱っこ紐を持って行くか悩む時でも、このカバーをつけておけば、腰につけておけば良いため、気軽に持っていけます。抱っこ紐は形状的にバラけやすく、これを知るまでエコバッグにいれてましたが、これは凄くすっきり収納できて素敵。こちらで購入できます→抱っこひも(エルゴ・コランなど)収納カバー専門店 ルカコ 柄もいろいろあって、楽しいです。「抱っこ紐カバー 手作り」で検索すると、いろんな方が考えた型紙や作り方も探せるので、時間ある方は、手作りもいいかもです。私は、強度や作る手間を考え購入しました〜。

足までつながっているつなぎ服(外出するようになってから購入。)
→靴下不要で、親のストレス低減w

2015-01-05-12-49-04写真のは私が購入した、ユニクロのものですが、GAPでも見かけたことありますし、夏前に西松屋で見つけて購入したことも。あまり売ってない形状の服なのですが、頑張れば見つかる気がします。私は、友人にもらったこの形状の冬用服に感動し、2着ほど買い足しました。靴下不要のため、着せる際、ストレスが減りますw(靴下ってはかせにくいんです)また、自分で歩けない時期は、抱っこかベビーカーに乗せて移動することになりますが、靴下ってすぐ脱げてしまうのです。そして、探しまわるはめになり疲れ果てますw ちゃんと靴下履いてるか、しばしば確認しないといけないのもストレスですし。また服と靴下が一体型なので、冬は特に暖かそうでした。そのようなストレスが減るため、うちでは、外出時(特に寒い日)は、このタイプの服ばかり着せていましたw 靴下が必要な服を何度か着せて外出しないと分からないことかと思いますが、これは超便利です。ただ、歩くようになったら(個人差ありますが1歳すぎかな)、靴を履くようになり、このタイプの服は着られなくなるので、大きめのものを買っても、1シーズンしか着られないという欠点もあります。ご注意ください。

バンボチェア(首がすわってから購入)
→腰が座る前でも、座って待っていてもらうことが出来る。



赤ちゃんは、個人差がありますが、3〜4ヶ月頃、首がすわっても(首がぐらぐらしなくなっても)、しばらくの間、腰がすわっていません(腰がぐらぐらして、お座りなど支えなしでは出来ません)。
しかし、このバンボチェアなら、腰がすわる前から、腰回りをガッチリ支えてくれるので、座らせることが出来るのです。うちでは、子育て記事の多いブログ papalaboさんのバンボの使い方 記事を拝見して便利そうだったので、4ヶ月頃から導入。掃除機かけたり、ちょっとだけ自分が着替えたい時など、これに座らせておくと安心出来ます。うちの子の場合、腰がすわるまで(7ヶ月頃だった)は、5分以上座らせておくと、嫌がりはじめましたがw でも、そのちょっとの時間で出来ることってあるんです。6ヶ月頃から、うちの子は寝返りを始めたので、お風呂入る時、脱衣所で待っていてもらう時にバンボチェアに座っていてもらったり。離乳食食べさせる時に使ったりも。便利です。
でも、お子様によっては、6ヶ月で自力で抜け出すようになって使えなくなったとの話も聞いたことがあり(6ヶ月でハイハイを始めていたお子様でした)。使える期間が短いため、費用対効果は微妙という説も。お子様用いすに机をくっつければ腰がすわってなくても大丈夫との噂も聞いたので、良かったら参考にしてくださいな。


トイレスタンプ
→トイレ掃除の回数を少し減らすことが出来る。



子育て用品じゃないですが。トイレ掃除の回数を減らすことが出来る、素晴らしいアイテムです。子育て中は、家事が全然はかどりませんからね。助かります。
ただ、欠点として、立ち上がって後追いするようになると、使いにくくなります。
1歳〜2歳の記事で、詳細書いておきます。

オーボール


穴がたくさんあいていて、軽いため、0歳から長く使えるおもちゃです。大きくなるにつれて、いろんな使い方出来ます。なめる、たたきつける、ころがす、中にハンカチなどのものをつめる、投げる、蹴るなど。投げるのは、室内への悪影響が甚だしいため、状況によっては禁止してますがw


体幹トレーニング本
→腰痛を減らすことが出来る。



そういえば、と思い出したので、追記します。子どもが産まれると、抱っこする回数が増え、腰への負担も増えます。しかし、抱っこから降ろすと、泣くのです。抱っこしないわけにはいかないことが多いのです。そして、私は元々腰痛持ちだったのですが、見事悪化orz 義母に連れて行ってもらった、予約が取れない良く効く鍼灸師さんに教えてもらったのが「インナーマッスル」を鍛えるということ。本屋さんならどこでも売ってるよと言われ、少し探して見ました。この本は、腰痛のための鍛え方も書かれていて(お尻のインナーマッスルを鍛えることが大事だそう)、わかりやすくてオススメです。でも、この本に限らず、いろいろ読み比べてみて、自分に合ったものを探すと良いかと。ちなみに、本屋さんには、「健康」コーナーにも腰痛対策の本がありますが、この本は「スポーツ」コーナーでした。ご参考までにどうぞ。ちなみに、うちの子は産まれた時は2700g(=2.7kg)くらいでしたが、4歳になった今、15kgあります。でも、抱っこー!って毎日のようにせがむので、腰への負担がやばいです。子どもを授かることが分かったら、男性も女性も、体を痛めないためにも、インナーマッスルを鍛えることを、強くお勧めします・・・!

買って後悔したもの
汗取りパッド
便利そうだなと思い買いましたが、夏生まれだったため、しばらく冷房完備の室内から出すことがなく、使用機会ゼロでした。必要になってから買うといいのかも。今後、必要になるかもですが。

悩んだけど買わなかったもの
赤ちゃん用ハンガー
子ども用品店(西松屋だったかな?)で子ども服を購入すると、そのままハンガーがついてくるので、それを使っていたり。また、大人用ハンガーでも、首からではなく、おなか側からハンガーを通すと、首周りを伸ばさず干すことが出来るので、それで代用したり。ハンガーのサイズが合わないから型崩れしやすいと、赤ちゃん用ハンガーをオススメする話も聞いたことありますが、そもそも、肩幅が狭い私自身の服も、普通のハンガーだと肩幅合ってないw ので、私は気にしないことにしていますが、ここはこだわりのある方は気にされるところかもですね。
でも、干す場所が足りなくなったら、一度に複数枚干せるタイプのものは、欲しくなりそうです。

赤ちゃん用衣類洗剤
初めの頃は使っていましたが、友人たちに聞いても、二人目以降は気にしてないって話していたし、大人用の洗剤を入れすぎなければいいかなと最近は使っていなかったり。肌体質的に、大人用の洗剤でも、うちの子は問題なさそうですし。ここは個人差があるところだと思うので、一概に言えないところですが。でも、柔軟剤で、赤ちゃんから使えますとか書いてあると、つい、そちらを選んでしまいますね^^;

赤ちゃん用爪切り
いろいろ検討して、自分のTLでも話題にしたら、みんなから「ニッパー良いよ!」と教えてもらったりしましたがw、結局、普通の工作用はさみで代用。特に、問題なさそうです。お子様の足の爪は巻き爪になりやすいらしい(うちの子も巻き爪気味)なのですが、そういう場合は、大人用の小ぶりの爪切りを活用して切っています。私が元々手が小さいもので、爪切りも小ぶりのものを使っていたのですよね。なので、特に困っていません。でも、より綺麗に切るためには、赤ちゃん専用爪切りを購入したほうが良いのかもですね。

また、これからもこういう便利だったもの、不要だったものを見つけたら、まとめたいと思います。これも便利だったよ!というのがもしあれば、教えてくださいね〜!

nod(Yモード) at 13:00|PermalinkComments(0)

2015年08月10日

【子育て】使ってよかった育児用品(1歳くらい(立ち上がる)〜2歳くらい)

うちの子も2歳になり、必要なものがいろいろ変わってきました。メモ書きとして、使って良かったものなどをまとめておきます。少しでも参考になれば、幸いです。
追記2015/09/27)1滴ずつさせる減塩しょうゆ、遠隔カメラ、トイレスタンプ
追記2017/08/18)番外編 やっておくと良いこと(iPhone編)

使ってよかったもの
ダイソンのハンディタイプ

夫に言われて購入。子どもがビスケットなどのおやつを食べるようになると、床が粉だらけに。そんな時に、サッとハイパワーで掃除できて便利。サイクロン式なので、袋の交換も不要ですし。快適です。欠点を挙げるとしたら、上についてるフィルターが簡単に引っ張り取れるので、子どもが引っ張って、違うものを詰めていたり、そこらへんにポイされてしまうのが、残念ですw また、結構重たいので、無意識に親指の付け根辺りで重量を支えていたみたいで、皮がむけたことがあります。最近は、持ち方を工夫して使っています。


e4006b0f

ハイハイするようになったら、必須。うちは、対面式キッチンで居間から出た瞬間にキッチンにつながっているため、居間から脱出できないようにしています。種類がいろいろあり、赤ちゃん洋品店で悩みましたが、どちらの方向からも開けられるタイプにしました。
でも、自力で歩けるようになると、柵を開けられなくても、閉まっていることに腹を立てて超絶怒り出すので、余裕がある時は、柵開けていました。とほほ。
そして、2歳頃から自力で時々、脱出出来るようになりました。辛いw

床をカバーしてくれるマット


写真のと、少し違うのを使っている気もしますが、こんな感じのものです。衝撃を少しでもやわらげるために設置。子どもは気がつくと頭を床にぶつけたりしているので。また、食事時に凄く汚されるので、床の汚れ防止にも活躍中。パネル式なので、必要箇所だけ外して、洗って使っています。動物の型抜きされているパネルも併用していますが、周囲がまっすぐのパーツがあるものの方が、掃除が楽です。また、2種類以上のパネルを同じ部屋で使う場合は、高さがずれる可能性があるので、ご注意ください(うちでは、あんまり気にせず使っていますがw)。また、部屋の壁などの形に合わせて、カッターで切り取れるのも、便利。

押し車


夫が、どこかのサイトでオススメされていたと言って、買って来た1歳の誕生日プレゼント。1歳すぐの時には上手く使えませんでしたが、2歳近くになると、上手く乗りこなせるようになりました。家が狭いので、あまり長距離乗れなくて残念ですがw また、ボタンを押すとプーさんの声が流れるのが、楽しいみたいです。連打されるとイライラしますがw そういえば、プーさんの声が、昔、日テレの「エンタの神様」でやっていたフランチェンっぽいと思うのは、私だけかなぁ?w(このネタがわかる方が周りにいなくて話ができないw)

100円ショップのお絵描き板
d350b852

今は、お絵描き板って、100円ショップで売ってるんですね。うちは、キャン☆ドゥで購入。他の100円ショップでも手に入るみたい。サイズが小さく、強度も弱く、絵もすぐに消えたりしますが、小さいお子様には、これで充分な気も。ペンと本体に紐をつける穴が空いているので、私が適当に紐をつけて使用しています。本人が簡単に持ち上げられ、外出先にも手軽に持っていけるサイズなので、便利です。うちのは、子どもが踏んづけて2箇所割れていますが、使えないことはないので、簡単に補修して、そのまま使っています。でも、安いので気軽に買い直せるのも、素敵だと思います。

スイスイおえかき 赤


水でお絵かきの出来るおもちゃ。新築一軒家を建てたのに、子どもにペンやクレヨンで壁にお絵描きされてしまったと、悲しんでいた友人に教えてもらったおもちゃ。確かにこの商品なら水で描くので、シート以外のところにお絵描きしても、ダメージがかなり少ないです。うちはアパートなので、やはり、壁などへの落書きは困るということで購入。赤だけの色のシートを購入しましたが、青や4色で描けるものなどあるようです。また、付属ペンは1本だけですが、別売りもされているので、兄弟分の追加購入や買い直しも簡単そうです。ていうか、しばらく使っていると、子どもがペン先をトントン叩いたりして、すぐにつぶれますw 柔らかいシートなので、たためるのも便利です。

虫よけスプレー


夏になり、お散歩のため外に出かけると、蚊によく刺されて酷いことになったので(大人よりも子どもの方が刺されやすい気がします)、虫よけ用品を探し回りました。検討の結果、赤ちゃん用品店で服にスプレーするタイプのものも買いましたが、ほとんど効かず。よく見ると、対象となっている蚊の種類が違ったみたいで。このスプレーは、薬局で購入しました。大人は1日2回ですが、小さい子どもは、1日1回まで。それでも、かなり蚊に刺される回数が減りました。医薬品はすごいなぁとありがたく思っているところです。

ストローコップ


ほぼ同じ月齢の子たちが使っていたので、購入。この商品、ストロー以外にもスパウトなど口部分を替えられるので、便利です。初めは、コップパーツを使っていましたが、やはりこぼすので、ストローに。ストローだと、フタが開いたまま振り回してもこぼれにくいため、親のストレスが若干減りますw ストローにした時、練習をしないとと、ストローのついた子ども用麦茶パックを購入して練習しましたが、すぐに飲めるようになりました。お乳飲む時と似たような口の動きで可能なのかもですね。

レトルト離乳食


お出かけに行く時は、この離乳食が凄く便利でした。温めなくても食べられるし。スプーンも付いているし。うちの子は、あんまりおかずメニューは食べてくれなくて、ごはんばかり食べていましたが^^;

うどんカッター


うちの子は、麺類が凄く好きで、離乳食完了後は、外食で良く麺類を食べさせていたのですが、麺が長くても全て飲み込もうとして、詰まらせるんですよね。そこで、ヌードルカッター、凄く役立ちました。刃が付いていないタイプですが、これで切れないものは、子どもでも噛めないと割り切って使っています。頑張れば、唐揚げも切れたりしますw

和光堂 おやこdeごはん シリーズ


離乳食も終わりに近づいてくる(1歳半ごろかな)と、大人と同じものを食べたがって困るように。そんな時見つけたこの商品。子ども用カレールーなどと違い、子どもの分だけを作るレシピになっていないところが、素晴らしい。麻婆豆腐の場合、大人は専用の粉をかけると、より美味しくいただけます。私は、麻婆豆腐が一番気に入っていますが、他の商品もかなり美味しいです。また、箱に違う食材でのレシピも載っていて、応用も効きます。レシピに困った時に、時々使っています。凄く便利。

セリアのトングっぽいお箸
2015-08-10-20-46-39

シリコンのバネが付いているタイプの練習用お箸。輪っかの付いているタイプのお箸も試してみましたが、うちの子の手のサイズに合わず、上手く使えず。また、このトングっぽいお箸は、先が平たくなっているので、それも、つかみやすい要因になっていて良いようです。

アンパンマンのお菓子


よく分からないのですが、うちの子はこのお菓子が凄く気に入っています。美味しいみたい。大人が食べても、確かに美味しい。また、真ん中に穴が空いているため、上記に記載した箸でもつかみやすく、良い練習になっているようです。ちなみに、実売価格150円くらいなのですが、一時期キャン☆ドゥで108円で買えたことがありました。100円ショップをチェックしてみるのも良いのかも。この間行ったら、売ってませんでしたがw また、2歳になる寸前から、うちの子にもアンパンマンブームが来たため、パッケージを見て「アンパン!アンパン!」と喜んでいたりもします。

アンパンマンの補助便器


2歳のお誕生日プレゼントとして購入。
いい加減トイレトレーニングしないとと思いつつ、トイレには入ってくれるものの、便座に座らせようとすると体をねじって物凄く嫌がる状況だったので、アンパンマンの力にすがりましたw この補助便器のおかげで、すんなり便座にすわってくれるように。アンパンマンさまさまです。ボタンを押すと、アンパンマンが励ましてくれたり、音楽がなったりして、楽しいみたいです。でも、まだまだちゃんとトイレができるようになる日が来るのは遠そうです。そういうものですよね。気長に、頑張ります。

1滴ずつさせる減塩しょうゆ


しょうゆ味が好きなうちの子に、最適でした。1滴からさせるので、量の調整もしやすくて。必要に応じて、使っています。食事の味付けは、大人の7割程度でと、保健師さんに言われたので、私は一応、減塩を意識して、購入しています。

遠隔カメラ
夫が、どこかから通販で買ってきたもの。離れた部屋の様子を、パソコンやiPodから見ることが出来て、暗いところでも赤外線で部屋の様子がわかるようになっています。2歳近くになると、お昼寝時も結構熟睡してくれるので、その間、お昼寝を起こさないようにと静かにしながら一緒の部屋にいる必要はなく、遠隔カメラの画面で子どもの様子をチラチラ確認しつつ、違う部屋で夫と、のんびりする時間を作ったり、何かしらの作業をすることが出来ました。自分の時間を作れて、私自身の精神的負担が少し減るという、ありがたいアイテムです。まぁ、二人目妊娠したら、しんどくて私も子どもと一緒にお昼寝していたので、使用頻度は減りましたがw

買って後悔したもの
家具の角に付ける転倒時用シリコンカバー
ていうか、角のあるテレビ台を後悔w テレビ台自体を買い替えました。カバーは、つけてても子どもに簡単に剥がされますw 両面テープじゃ、ダメみたいです。ネジ式の物なら良いのかもですが。で、剥がされたままでいたら、一度だけですがちょうど角に当たるようにこけて、顔に傷とあざができたことがあります(すぐ治りましたが)。でも、歩き始めの子どもがいるご家庭の収納本で、角のあるテレビ台を使っている写真を見たこともあるので、部屋の広さや状況次第なのかもです。

ペットボトル用ストロー
あると便利かなと思いましたが、親が直接飲んでるのを真似して、器用に飲むようになり、ストローいらないやってなりましたw(細かい部品が多くて洗うの大変ですし。) でも、子どもの口周りにペットボトルの口の変な跡がつくので、あったほうがいいのかもですw

トイレスタンプ


1歳までの記事で紹介した、トイレ掃除の回数を減らすことが出来る、素晴らしいアイテム。立ち上がって後追いするようになると、使いにくくなります。理由としては、一時期ニュースで紹介されていた、この理由。>トイレ貼り付けの洗剤、子どもの誤飲注意http://www.news24.jp/articles/2014/12/24/07265921.html
子どもが口に入れたり、舐めたりする事故が相次いでいるそうで。確かにうちの子も、トイレについて来て、興味深そうに眺めていたので、危険と思い、使わないことにしました。非常に便利なものですが、親としてこういう危険性は知っておく必要がありますね。

番外編 子連れで行きやすいお店
イオンのフードコート
子ども用の座席(机も椅子も凄く小さい)があり、家族で食事出来るので、とても便利に使わせていただいています。腰がすわったら、使えるサイズです。ただ、うちが良く行くイオンは、混みやすいので、お昼の11時半には席を探すようにしています。12時頃だと、大抵座れないほど混んでいるので。また、食べ終わったら、中央にある手洗い場所が子どもサイズもあるので、子どもが自分で手を洗えるので便利です。この手洗い場、タイミングによっては、お子様とその親で行列ができたりしていますw

番外編 やっておくと良いこと(iPhone編) 2017/8/18追記
アプリの削除を出来ないように設定する
このくらいの年齢になると、親が触っているスマホを触りたくなるのですが、
操作方法とか理解していないため、長押しとか、しがちです。
そして、気がついたら、アプリが消えている・・・orz というわけで、
小さい子どもにiPhoneのアプリを誤操作で消されないようにする素晴らしい方法。
> iPhoneでアプリが削除されないようにする方法
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n5396

設定に、機能制限なんて項目があるって、使用して数年経っていたのに、知りませんでした・・・。LINEアプリ消されて、バックアップが2ヶ月前でア然となった私が、過去にやっておくべき内容でしたorz この記事を読んだ子育て中の方は、是非、設定しておくことをおススメします〜。ちなみに、機能制限のパスワードは忘れないよう、要注意ですね。


思いつくのは、こんな感じでしょうか。また、思い出したりしたら、追記します〜。

nod(Yモード) at 23:42|PermalinkComments(0)